災害対策基本法

(市町村長の避難の指示等)

第六十条 災害が発生し,又は発生するおそれがある場合において,人の生命又は身体を災害から保護し,その他災害の拡大を防止するため特に必要があると認めるときは,市町村長は,必要と認める地域の居住者,滞在者その他の者に対し,避難のための立退きを勧告し,及び急を要すると認めるときは,これらの者に対し,避難のための立退きを指示することができる。

2 前項の規定により避難のための立退きを勧告し,又は指示する場合において,必要があると認めるときは,市町村長は,その立退き先を指示することができる。

3 市町村長は,第一項の規定により避難のための立退きを勧告し,若しくは指示し,又は立退き先を指示したときは,すみやかに,その旨を都道府県知事に報告しなければならない。

4 市町村長は,避難の必要がなくなつたときは,直ちに,その旨を公示しなければならない。前項の規定は,この場合について準用する。

5 都道府県知事は,当該都道府県の地域に係る災害が発生した場合において,当該災害の発生により市町村がその全部又は大部分の事務を行うことができなくなつたときは,当該市町村の市町村長が第一項,第二項及び前項前段の規定により実施すべき措置の全部又は一部を当該市町村長に代わって実施しなければならない。

6 都道府県知事は,前項の規定により市町村長の事務の代行を開始し,又は終了したときは,その旨を公示しなければならない。

7 第五項の規定による都道府県知事の代行に関し必要な事項は,政令で定める。