このページの本文へ移動

岩宿大学

平成28年度のテーマ:『遺跡群を掘る』

岩宿大学は本年度24年目を迎え、4年をサイクルとする大学として6度目の区切りの年を迎えました。
 これまでの一連の講座では、具体的な遺跡の発掘調査から出発し、どのように研究が組み立てられてきたのかを基軸として講座を構成してきました。1年目は新たな試みとして実際の遺跡の発掘調査を行い、2年目は遺跡を発掘調査した成果が岩宿時代や縄文時代の研究をどのように進展させ来たのかを学びました。昨年度はそのような遺跡が集中して発見される「遺跡群」についてみてきました。そこで今年は、遺跡や遺跡群からさらに対象を広げ、日本列島内の地域的な特色を学んでいきたいと考えております。
 今年度の講座では特に岩宿時代に焦点を絞り、発掘調査と研究が遺跡から遺跡群と徐々にその対象を広げ、どのように岩宿時代の地域社会を明らかにしてきたのか、各地域の研究を代表する一流の講師陣から講義をいただこうと思います。

期日・内容

第1講 開講式 6月5日(日)

「九州地方の発掘調査と地域的な特色」    木﨑 康弘 氏(熊本県立装飾古墳館)

第2講 7月3日(日)

「中・四国、近畿地方の発掘調査と地域的な特色」    絹川 一徳 氏(大阪市博物館協会大阪文化財研究所)

第3講 9月4日(日)

「北海道地方の発掘調査と地域的な特色」   寺崎 康史 氏(今金町役場)

第4講 10月9日(日)

「関東地方の岩宿時代発掘史とここまでわかった地域の歴史」  伊藤 健 氏(東京都スポーツ文化事業団東京都埋蔵文化財センター)

第5講 閉講式 11月27日(日)

「東北地方の発掘調査と地域的な特色」   渋谷 孝雄 氏(山形県立うきたむ風土記の丘考古資料館)
 

 

募集人員

募集人員:60名

 

受講者募集要綱

受講資格

みどり市内外を問わず、すべての方が受講できます。本年度開講する全5講座の出席を原則としますが、単講座の受講も認めます。

定員

60名(定員を超える場合は抽選となります。)

応募方法

住所・氏名・年齢・電話番号・友の会入会の有無についてご記入の上、はがき、ファックス、Eメールまたは博物館受付に直接お申込みください。電話でも、上記内容をお伝えいただければ、申込を受け付けます。

受講料
  • みどり市外在住の一般:5,000円
  • みどり市内在住の一般:3,500円
  • 友の会入会者:2,500円

※受講料は初回受講時にお支払ください。単講座の受講料は、1講座につき1,000円です。

応募締切

随時募集しています。

その他
  • 5月27日までの応募者については、はがきによりご連絡いたします。
  • 年間通して受講できる方を募集いたしますが、途中からの受講生及び1講座のみの受講も受け付けます。詳しくは岩宿博物館までお尋ねください。

・平成28年度岩宿大学ポスター
 

岩宿大学研究生制度

 岩宿大学に4年以上在籍された受講生のための学習・研究制度です。ご希望の方や詳しく知りたい方は、博物館へ直接お問い合わせください。

研究生学習会の様子の写真 研究生学習会の様子

  

2017年 3月 24日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財課 岩宿博物館
電話番号:0277-76-1701  FAX番号:0277-76-1703
メールアドレス:iwajukuhaku@city.midori.gunma.jp