このページの本文へ移動

岩宿大学

平成30年度のテーマ:『科学研究のダイナミズム―考古学関連科学の最先端-』 

  岩宿大学は本年度26年目を迎えました。この間「誰もが好きになる考古学」を標榜して、岩宿時代や縄文時代を中心とした講義を開催してきました。本年は考古学からやや離れ、それを支える周辺科学を見ていきたいと考えています。遺跡や遺物を研究する考古学は、これまで周辺科学の研究成果をさかんに取り入れてきました。それらの科学をみていくと、そこには一つの体系をもった研究があることがわかります。
  ところで、岩宿遺跡の発見と発掘は考古学では画期的な研究成果とされていますが、それらの科学でも同様な研究が数多く知られています。今回は考古学に関連する科学に関するダイナミックな研究成果を学んでいきたいと考えています。科学研究の醍醐味やおもしろさを知っていただき、幅広い科学分野にも興味をもっていただきたいと思います。
  今回は科学の最先端の画期的な研究を進める著名な研究者を講師陣にお迎えして講義をいただこうと思います。
 

期日・内容  

 第1講 開講式 6月24日(日)

 「同位体分析による縄文時代についての新知見」  米田 穣 氏(東京大学総合研究博物館 教授)

第2講 7月22日(日)

 「地球のダイナミックな変動と地震、火山、そして資源」  加藤 泰浩 氏(東京大学 教授)

第3講 9月9日(日)

 「森の日本文明史」  安田 喜憲 氏(ふじのくに地球環境史ミュージアム 館長)

第4講 10月14日(日)

 「解剖学=身体の歴史を読み解く科学」  遠藤 秀紀 氏(東京大学総合研究博物館 教授)

第5講 閉講式 11月25日(日)

 「DNAから日本人の歴史を推理する」  斎藤 成也 氏 (国立遺伝学研究所 教授)

 

募集人員

募集人員:60名

 

受講者募集要綱

受講資格

みどり市内外を問わず、すべての方が受講できます。本年度開講する全5講座の出席を原則としますが、単講座の受講も認めます。

定員

60名(定員を超える場合は先着順となります。)

応募方法

住所・氏名・年齢・電話番号・友の会入会の有無についてご記入の上、はがき、ファックス、Eメールまたは博物館受付に直接お申込みください。電話でも、上記内容をお伝えいただければ、申込を受け付けます。

受講料
  • みどり市外在住の一般:5,000円
  • みどり市内在住の一般:3,500円
  • 友の会入会者:2,500円

※受講料は初回受講時にお支払ください。単講座の受講料は、1講座につき1,000円です。

応募締切

6月12日 (火) (はがきによる当日消印有効)  

その他
  • 年間通して受講できる方を募集いたしますが、途中からの受講生及び1講座のみの受講も受け付けます。詳しくは岩宿博物館までお尋ねください。
  • 平成30年度岩宿大学募集要項
     

岩宿大学研究生制度

 岩宿大学に4年以上在籍された受講生のための学習・研究制度です。ご希望の方や詳しく知りたい方は、博物館へ直接お問い合わせください。

研究生学習会の様子の写真 研究生学習会の様子

  

 

2018年 6月 4日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財課 岩宿博物館
電話番号:0277-76-1701  FAX番号:0277-76-1703
メールアドレス:iwajukuhaku@city.midori.gunma.jp