このページの本文へ移動

岩宿大学

平成29年度のテーマ:『広い視野から考古学を学ぶ』 

第2講の日程が、7月16日(日)から7月23日(日)に変更になりました

★受講生募集中です★
  岩宿大学は本年度25年目を迎え、4年をサイクルとする「大学」として7回目の初年度の年を迎えます。そこで、本年度の岩宿大学では、より幅広く考古学とはどんな学問であるのかを学んでいきたいと考えています。考古学について、島国の日本では列島の歴史を解明する一方法とされてきましたが、世界では人類学の一部とされているところもあり、学問としての位置づけから異なっています。また、「もの」の研究から始まる考古学ですが、粘土を重ねながら作っていく土器と、材料の石を割減らして作っていく石器では、その研究の方法や考え方に違いがあるようです。 
  今年度の講座では、岩宿時代や縄文時代の枠から離れて、広い視野から考古学を学ぶことをテーマとして、下記のような一流の講師陣から講義をいただこうと思います。
 

期日・内容  

 第1講 開講式 6月25日(日)

 「アメリカ考古学の転換点」  阿子島 香 氏(東北大学大学院教授)

第2講 7月23日(日)

 「世界考古学のトレンドと論点」  溝口 孝司 氏(九州大学大学院教授)

第3講 9月10日(日)

 「土器の考古学」  大村 裕 氏(立正大学講師)

第4講 10月8日(日)

 「石器の考古学」  田中 英司 氏(東洋大学講師)

第5講 閉講式 11月26日(日)

 「日本の考古学」  設楽 博己 氏 (東京大学大学院教授)

 

募集人員

募集人員:60名

 

受講者募集要綱

受講資格

みどり市内外を問わず、すべての方が受講できます。本年度開講する全5講座の出席を原則としますが、単講座の受講も認めます。

定員

60名(定員を超える場合は先着順となります。)

応募方法

住所・氏名・年齢・電話番号・友の会入会の有無についてご記入の上、はがき、ファックス、Eメールまたは博物館受付に直接お申込みください。電話でも、上記内容をお伝えいただければ、申込を受け付けます。

受講料
  • みどり市外在住の一般:5,000円
  • みどり市内在住の一般:3,500円
  • 友の会入会者:2,500円

※受講料は初回受講時にお支払ください。単講座の受講料は、1講座につき1,000円です。

応募締切

6月13日 (火) (はがきによる当日消印有効)  
※追加で募集中ですので、本来の締切を過ぎましたが、まだご応募可能です!

その他

  • 年間通して受講できる方を募集いたしますが、途中からの受講生及び1講座のみの受講も受け付けます。詳しくは岩宿博物館までお尋ねください。

・平成29年度岩宿大学ポスター
 

岩宿大学研究生制度

 岩宿大学に4年以上在籍された受講生のための学習・研究制度です。ご希望の方や詳しく知りたい方は、博物館へ直接お問い合わせください。

研究生学習会の様子の写真 研究生学習会の様子

  

 

 岩宿大学は本年度25年目を迎え、4年をサイクルとする「大学」として7回目の初年度の年を迎えます。そこで、本年度の岩宿大学では、より幅広く考古学とはどんな学問であるのかを学んでいきたいと考えています。考古学について、島国の日本では列島の歴史を解明する一方法とされてきましたが、世界では人類学の一部とされているところもあり、学問としての位置づけから異なっています。また、「もの」の研究から始まる考古学ですが、粘土を重ねながら作っていく土器と、材料の石を割減らして作っていく石器では、その研究の方法や考え方に違いがあるようです。

今年度の講座では、岩宿時代や縄文時代の枠から離れて、広い視野から考古学を学ぶことをテーマとして、下記のような一流の講師陣から講義をいただこうと思います。

2017年 6月 14日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財課 岩宿博物館
電話番号:0277-76-1701  FAX番号:0277-76-1703
メールアドレス:iwajukuhaku@city.midori.gunma.jp