このページの本文へ移動

岩宿博物館 常設展示

 日本列島の人類史を書き替えた岩宿遺跡。岩宿遺跡の発見以来、約4万年前から列島に展開された最古の日本歴史は、その研究からさまざまなことが明らかになりつつあります。
 岩宿博物館では、約4万から約1.5万年前の昔に日本列島に展開された人類の生活を、全国的な規模での展示資料を通して再現しています。また、展示は映像を多く導入し、小学生でも理解できるようわかりやすく説明しています。

 

岩宿1石器文化(約3万年前)の石器の写真
岩宿1石器文化の石器
(約3.5万年前)
岩宿2石器文化(約2万年前)の石器の写真
岩宿2石器文化の石器
(約2.5万年前)
提供:明治大学博物館

岩宿時代文化の発見

 このコーナーでは、岩宿遺跡発見以前の日本「旧石器時代」に関する研究と、岩宿遺跡の発見者である相沢忠洋氏の業績を展示し、岩宿時代文化の発見のきっかけについて解説しています。

権現山・元宿・石山遺跡などの資料展示の写真 *相沢氏の研究業績を紹介するため、
権現山・元宿・石山遺跡などの資料を展示中
(協力:相澤忠洋記念館)

 岩宿遺跡の発掘調査のようすを、映像やパネルで紹介するコーナーです。この発掘調査によって、日本史の最初の時代「岩宿時代」の存在が明らかになりました。岩宿1・2石器文化のほか、岩宿遺跡D地点の資料、駐車場地点、岩宿2遺跡出土の石器も展示してあります。

岩宿の発掘コーナーの写真 岩宿2遺跡出土石器の写真
岩宿の発掘コーナー 岩宿2遺跡出土石器

人類の時代と環境

 岩宿遺跡でヒトが活動していた当時は、現在よりも寒い氷河時代であり、火山がさかんに噴火していました。その様な時代の地形や環境をパネルや模型で再現したコーナーです。その時代に生息していたオオツノシカの頭骨なども展示しています。

マンモスゾウの全身骨格の写真 オオツノシカの頭骨の写真 本物のマンモスゾウ化石の写真
マンモスゾウの全身骨格 オオツノシカの頭骨 本物のマンモスゾウ化石(触れます)
岩宿遺跡の地層の写真 人類進化の順番で並べようの写真 本物のマンモスに触れた証明書の写真
岩宿遺跡の地層 人類進化の順番で並べよう 本物のマンモスに触れた証明書

岩宿時代の暮らし

岩宿時代のヒトの狩猟や生活の道具である石器の作り方・使い方を解説したり、各地で発見された石器文化の地域性や移り変わりなどを紹介するコーナーです。

石器の材料の写真 石器の作り方の写真
石器の材料(石器石材) 石器の作り方
環状のムラの写真 地域性の写真
環状のムラ(下触牛伏遺跡) 地域性(細石器文化)

岩宿人の狩りのようす

岩宿人がどのように狩りをしたのかは、実際にはよく分っていません。このコーナーでは、狩りのための陥し穴(おとしあな)とされる静岡県初音ヶ原遺跡を紹介しながら、そのようすをジオラマでみることができます。

展示コーナーの写真 狩りのようすの写真
展示コーナー 狩りのようす

 

2017年 11月 20日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財課 岩宿博物館
電話番号:0277-76-1701  FAX番号:0277-76-1703
メールアドレス:iwajukuhaku@city.midori.gunma.jp