このページの本文へ移動

放射線量マップを作成しました

 市では放射性物質汚染対処特措法に基づき、汚染状況重点調査地域の指定にあたり、また、国の航空機モリタリング結果をうけて、東・大間々・笠懸地域を詳細測定結果を基に放射線量測定マップを作製いたしました。
 

目的

 市内の空間放射線量の状況を面的に確認するとともに、その分布状況をマップにまとめる。
 

調査期間

平成23年11月1日から平成23年12月下旬
 

調査対象(市民の居住区中心)

 市内全域を500メートル四方、又は1000メートル四方に区分し、区画内1から2地点の空間放射線量を測定する。(マップ作成においては、その区画の平均値となっています)

  • 東町地区の測定区画数…94区画
  • 大間々町地区の測定区画数…89区画
  • 笠懸町地区の測定区画数…91区画 

測定条件

  • 測定の高さ:地上1メートル
  • 測定機器:ハンディー型シンチレーション式(A2700)
     

調査結果

東町 測定済区画数 計94

  • 0.23μSv/h未満 80
  • 0.23μSv/h以上 14
最大値

0.315μSv/h 沢入(西地内)

最小値

0.085μSv/h 荻原(高橋地内)

大間々町 測定済区画数 計89

  • 0.23μSv/h未満 89
  • 0.23μSv/h以上 0
最大値

0.109μSv/h 桐原グラウンド

最小値

0.044μSv/h 大間々・浅原地内

笠懸町 測定済区画数 計91

  • 0.23μSv/h未満 91
  • 0.23μSv/h以上 0
最大値

0.088μSv/h 笠懸北保育園分園

最小値

0.041μSv/h 西鹿田地内

 

汚染状況重点調査地域の指定について

  • 平成23年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法(放射性物質汚染対処特措法)に基づき、みどり市の区域が平成23年12月28日に汚染状況重点調査地域の区域に指定になりました。
  • 汚染状況重点調査地域の指定を受け、除染実施計画策定のために放射線マップで示されている東町地域で黄色区画(平均0.23マイクロシーベルト)詳細調査測定を以上の14区画と、茶色区画(0.15~0.23未満)の内測定値が0.20以上の13区画について、詳細調査測定を平成24年1月中旬より測定を進めています。
  • 詳細調査測定結果を踏まえて、年度内に除染実施計画を策定し、年間1ミリシーベルト以下を目標に順次除染作業を実施していきます。
     

みどり市放射線量マップ

市役所の笠懸庁舎、大間々庁舎、東支所でも「みどり市放射線量マップ」は、閲覧できます。

2015年 8月 28日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

市民部 生活環境課
電話番号:0277-76-0985  FAX番号:0277-76-9813
メールアドレス:seikastukankyo@city.midori.gunma.jp