このページの本文へ移動

第87回企画展「昭和のまんなか」

しょうわのまんなか

期間

平成29年10月21日(土)~平成29年12月3日(日)

期間中の休館日

月曜日

入館料

一般200円 小・中学生50円(20名以上団体割引あり)
※身体障害者手帳・療育手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料

開館時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

内容

昭和20年代から30年代にかけて、人々の生活様式は特に大きく変化しました。終戦直後の日本は深刻な物資不足に陥っていましたが、朝鮮戦争特需を契機に景気が上向き、30年代以降の高度経済成長期へと突入していきます。家電製品の普及や生活様式の洋風化、ライフスタイルの変化を当時の道具や家電製品のほか、漫画雑誌や各種チラシなども展示して紹介いたします。

主な展示物

電気パン焼き器、陶器製湯たんぽ、初期の国産テレビ、30年代の扇風機、終戦前後の風刺漫画雑誌、子供向け新聞など約70点

 

 企画展プレイバック

2017年 10月 18日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財課 大間々博物館
電話番号:0277-73-4123  FAX番号:0277-73-4145
メールアドレス:conodont@city.midori.gunma.jp

ページの先頭へ戻る