このページの本文へ移動

岩宿時代に関する疑問に答えます

遺跡(いせき)

質問

岩宿(旧石器)時代の遺跡は、群馬県に何ヶ所ありますか。

答え

いま発見されている遺跡は、325ヵ所(2008年現在)。遺跡は、1メートル以上も深い場所にある場合が多いので、発掘調査などによって、今後増えていくことでしょう。なお、全国には、10,000ヶ所以上の遺跡があることが明らかになっています(2010年現在)。遺跡が発見されている密度は、世界で一番高いといえましょう。

全国の岩宿時代遺跡の広がりの図 全国の岩宿時代遺跡の広がり

質問

岩宿遺跡から発見された石器の数は?またみどり市内の遺跡から発見された石器の数は?

答え

1949・1950年の岩宿遺跡の発掘調査では、209点の石器が発見されています(重要文化財)。また、岩宿遺跡の相沢忠洋さんも31点の石器をみつけています。

209点の石器については、常設展示のページをご覧ください。

みどり市には岩宿時代の遺跡が15ヶ所あり、石器約810点が発見されています。岩宿遺跡やとなりの岩宿2遺跡のほかにも、和田遺跡や清水遺跡など鹿田山の丘陵に多くの遺跡があります。

質問

岩宿遺跡ではどんな時代の石器が発見されているのですか。

答え

岩宿遺跡のA地点やドームのあるB地点では、約3.5万年前と約2.5万年前くらいの岩宿時代の石器が発見されています。ナイフ形石器という狩りの道具が中心です。また、相沢さんが発見した石やりは今から約1万7千年ぐらい前のものですが、岩宿遺跡のとなりの岩宿2遺跡でも同じ時期の石器が発見されています。
その他、北側の山、稲荷山の南斜面からは約1万~5千年前の縄文時代の石器や土器も発見されています。
 

自然(しぜん)

質問

岩宿(旧石器)時代と縄文時代の地層のちがいは?

答え

縄文時代の地層は、黒からこげ茶色の地層で、岩宿時代の地層は関東ローム層といわれる黄色からオレンジ色の地層です。
岩宿時代では、さかんに火山がふん火してその火山灰がつもり、黄色いローム層ができました。また、縄文時代になると、氷河時代も終わり、気候があたたかくなって植物がたくさん生えたので、黒い地層になったと考えられています。

質問

黒耀石はどのようにできてどうして黒いのか。

答え

黒耀石は、火山のマグマが急に冷えて固まった岩石です。流紋岩(りゅうもんがん)という岩石ができるようなマグマであることと急に冷やされるという条件がそろって黒耀石ができるので、それができる火山はかぎられているのです。黒耀石は、黒いものが多いのですが、その成分のわずかな違いから、赤色、灰色、緑色などのものもあります。

「黒耀石」は、一般的には黒曜石と書かれることが多いのですが、岩宿博物館では、岩宿(旧石器)時代の人々がその輝きにさぞ心踊ったであろうと考えていることから、「耀」を使っています。

質問

氷河期はどうして寒いのか。

答え

地球は、一日1回まわり(自転)、また1年に1回太陽の周りを回って(公転)います。その回転運動が何万年ごとに少しずれたりすることで太陽からとどく熱の量が微妙に変化します。氷河期は、そうした太陽からの熱が少ないときにあたるというわけです。18世紀にユーゴスラビアの数学者で天文学者でもあったミランコビッチという人がこの変化の動きを計算しているそうです。

質問

動物の進化した理由は?

答え

動物にかぎらず、生き物にはどのように体全体を作るのかという情報(遺伝子)が組み込まれています。この遺伝に関する情報は生き物の種類によっても違いますが、一つ一つによって多少異なります。また、少しずつ遺伝子情報が変化しているのです。そうして変化する中で、その環境などによくあったものが生き残り、少しずつ変化して進化してきたと考えられています。

質問

マンモスゾウの重さは?博物館にある大たい骨の重さは?

答え

生きていた実際のマンモスは、3~5トンくらいだったといわれています。博物館にある大たい骨の重さは約5キロくらいですが、化石となった骨は、その埋まっていた条件によって重さがかわり、もとの重さとはちがっています。

質問

マンモスゾウはどうして絶滅したのか?

答え

もっとも最後までマンモスゾウが生きていたのは、いまのところ、ロシアの北極海にあるランゲル島で、7000~3700年前ころまで生きていたそうです。
絶滅した理由には、下のようなことが考えられています。

(1)エサになる植物が気候の変化によりへってしまったこと
(2)人間がマンモスゾウを取りすぎたこと
(3)1と2の理由が重なり、ある程度の数を保てなくなったこと

質問

ナウマンゾウはどうして日本にきたのか。

答え

氷河時代では、寒く氷河や山の雪などとして多くの水が地球の陸上にあったので、 海水面が現在より低い状態でした。日本列島は大陸とつながっていたこともあり、ゾウの住める状態であった日本へナウマンゾウがやってきたようです。
ナウマンゾウの骨で一番古いものは30万年前ころのものですが、ちょうどそのころは、日本と大陸がつながっていたころだそうです。

ナウマンゾウについてもっと詳しく知りたい人は、野尻湖ナウマンゾウ博物館のホームページでしらべてみよう。

人類(じんるい)

質問

人類の進化の理由は?

答え

動物が長い間に変化する(進化する)理由は動物のところでお答えしました。
人類の進化の理由も同じですが、人類の場合には、2本の足でたって手を自由に使えるようになったことと、動物のように体の一部を変化させるのではなく、道具を使うことを知ったことが発展につながったといわれています。

質問

博物館にあるクロマニョン人の歯はどうして1本少ないのか。

答え

クロマニョン洞くつで発見された人骨は、老人の骨であったといわれていますので、年をとって抜け落ちたのかもしれません。

技術(ぎじゅつ)

質問

石器や土器をはじめて作った人は、どうして思いついたのか。

答え

とても難しい問題です。石器については、近くにある石を使ってアブラヤシの実を割るチンパンジーの一種が知られており、人類が生まれる前から「石器」を使っていたとも考えられます。土器は、焚き火のまわりの粘土が火に焼かれて硬くなる現象を知って作られるようになったのではないかといわれていますが、やはりよくわかりません。現在のところ、日本の周辺の東アジアの土器が約1万6千年前で世界的に最も古いと言われています。

質問

石ヤリにした石器の大きさはどれくらいか。

答え

目的となる石槍の大きさによって違います。みんなが体験で作る石槍の材料は、約100gほどの黒耀石の薄いかけら(剥片)ですが、その材料から20g位の石槍ができているのではないでしょうか。石器作りの達人は、材料からその約15パーセントくらいの重さの石槍を仕上げることが多いようです。出来上がりの石槍の大きさ(重さ)から逆算するとおおよその材料の大きさがわかるようです。

質問

石器の種類は何種類あったのか。

答え

人類は、最初石器の種類が数種類と少なく、さまざまな用途に使う万能を使っていたようです。岩宿時代(3万年前以降)では、狩りのための道具のナイフ形石器、石槍、細石刃、木や角を削るための削器(さっき)や彫器(そうき)、皮なめしの道具の掻器(そうき)、石器を作るときの敲石(たたきいし)などがあり、その種類もその使い道によって増えていきました。

質問

はじめに火はどのように起こしたのか。

答え

人類は100万年前くらいから火を使っていたようですが、火を起こすようになったのは、10から5万年前頃からといわれています。当時は、木と木をこすり合わせてその摩擦熱(まさつねつ)で火をおこしたと考えられます。なお、日本では具体的に火起こしの道具が発見されているのは、縄文時代になってからです。

生活(せいかつ)

質問

岩宿の人々はどのように冬を過ごしていたのか。

答え

今から約2万年前は現在より7度くらい寒い氷河時代でした。その頃にも岩宿遺跡に人が住んでいたのですが、簡単なテントのようなイエを建て、毛皮などでできた服を着て寒さをしのいでいたと考えられます。

質問

食べ物がなくなったときにはどうしていたのか。

答え

食物の少なくなる冬に備えて木の実などを蓄えていた可能性があると思います。また、岩宿時代は、狩りをしたり木の実などを拾い集めたりして生活していましたが、住んでいる近くに食べものが少なくなったときには、新しい場所をさがして移動したと考えられています。

質問

お風呂やトイレはどこにあって、どうしていたのか。

答え

岩宿時代やその後の縄文時代では、お風呂やトイレとされるはっきりしたものは発見されていません。近くの川で水浴びをして体を洗い、トイレも自然のなかで済ませていたのかもしれません。

質問

何年前から言葉を話すようになったのか。また、どのように会話をしていたのか。

答え

いつ頃から言葉を使うようになったのかは、よくわかっていません。石器作りの習得では、言葉がなくても身振り手振りで教えることができることも実験でわかっています。しかし、何人かでチームを組んで狩りをする場合など、言葉などの合図をしながら動物を追いつめていたことでしょう。

質問

ケガやキズはどのように治したのか。

答え

岩宿時代には、医者はいませんでしたが、薬草などの知識を多くもっていたことでしょう。また、お払いなど「まじない」によって、病気が治ると考えられていたようです。

 

答えに対するご質問やこのページに関するご意見等ありましたらメールをお送りください。

 


 

 

2017年 9月 26日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財課 岩宿博物館
電話番号:0277-76-1701  FAX番号:0277-76-1703
メールアドレス:iwajukuhaku@city.midori.gunma.jp