このページの本文へ移動

ながめ公園

ながめ公園

“関東の耶馬渓”と呼ばれる景勝地、高津戸峡の眺めがいいからと、その名が付いた「ながめ公園」。
稲刈りなどの農作業を済ませて、早く「ながめ」に行きたいなあと思わせる、今で言うテーマパークのような行楽地だったのです。

園内には花が豊富で、春にはツツジ、秋には菊が咲き誇ります。
毎年10月下旬から11月下旬に開かれる関東菊花大会は、一見の価値があります。

菊花大会中

ながめ余興場

公園の一角にあるのが「ながめ余興場」。昭和12年に建てられた木造二階建ての劇場です。直径約6.3mの廻り舞台や花道、二階席もある本格的な造りで、玄関は歌舞伎座を模したと言われています。最盛期の昭和20 ~30年代には人気劇団や流行歌手が次々に舞台を踏み、窓にぶらさがったり、木に登って観る人もいたというほどの人気ぶりでした。

ながめ余興場内の様子

秋の「関東菊花大会」

毎年秋に行われる「関東菊花大会」では、花を衣装に散りばめた菊人形や盆栽菊など、さまざまな菊が会場を彩り、愛好家をはじめとする多くの人々に親しまれています。

関東菊花大会の様子

交通

  • わたらせ渓谷鐵道大間々駅下車0.5km、車約2分・徒歩約5分
  • 東武鉄道赤城駅下車1.6km、車約4分・徒歩約20分

問い合わせ先

ながめ公園 電話0277-72-1968

2015年 11月 17日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

産業観光部 観光課
電話番号:0277-76-1270  FAX番号:0277-76-9049
メールアドレス:kanko@city.midori.gunma.jp