このページの本文へ移動

高津戸峡

高津戸峡 

関東の耶馬渓とも讃えられる高津戸峡。遊歩道が整備されており、ゴリラ岩、ポットホールなどを見ることができます。新緑の頃から秋にかけてが見頃で、とりわけ渡良瀬川両岸の紅葉が映える秋季の景観は見逃せません。

はねたき橋

はねたき橋上の様子

高津戸峡に架かる「はねたき橋」は、歩行者専用橋で、全長120メートル、全幅3.5メートル。その名は「水が飛散する様が滝のように見える」ことに由来します。床には、全国各地から寄せられた鳥・魚・花を描いた120枚のタイルが埋め込まれています。 

わたらせ川から眺めるはねたき橋

 

高津戸橋

高津戸橋

橋の上から見下ろす高津戸峡。春の新緑、秋の紅葉と四季折々のすばらしい自然が満喫できます。

高津戸峡遊歩道

紅葉する高津戸峡付近

はねたき橋から高津戸橋までの約500mの遊歩道は、高津戸峡の川面に近く、四季折々の美しい自然が満喫できる変化に富んだ散策路です。

散策路

また、川底のくぼみに落ち込んだ石が、水流によって回転してできたポットホールや、ゴリラの頭のように見えることから名付けられたゴリラ岩などの奇勝を見ることも出来ます。

ゴリラ岩

 なお、遊歩道から降りた川原は岩場が多く転倒すると大変危険ですので、足元には十分ご注意ください。また、ダムの警報に注意し、増水時に川原へ降りるのはお止めください。

ポットホール

交通

わたらせ渓谷鐵道大間々駅下車0.6km、車約2分・徒歩約6分
東武鉄道赤城駅下車1.7km、車約4分・徒歩約20分

問い合わせ先

観光課 電話0277-76-1270

2016年 8月 23日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

産業観光部 観光課
電話番号:0277-76-1270  FAX番号:0277-76-9049
メールアドレス:kanko@city.midori.gunma.jp