このページの本文へ移動

公的個人認証サービスの必要性

電子政府・電子自治体の実現

行政手続のオンライン化(例:パスポートの交付申請、国税の電子申告)

 申請・届出などの行政手続が自宅や会社にいながら、いつでもインターネットで可能になります。これは国民の利便性の向上や行政の運営を簡素化し、また、効率化するためのオンライン化です。

各府省のアクション・プランをまとめた「アクションプラン2002」

 国民と行政機関(国・地方公共団体)の間の申請や届出などの行政手続が2003年度までにほとんどがオンライン化することが目標となってます。

公的個人認証サービス

 デジタル社会の安全な活動を確保しながら、電子政府・電子自治体を実現するために確かな本人確認ができる個人認証サービスを全国どこに住んでいる人に対しても安い費用で提供することが必要になります。公的個人認証サービスはこれを実現するために国で始めたサービスです。

  □スケジュール:平成16年1月29日に施行

 

2014年 1月 24日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 企画課
電話番号:0277-76-0962  FAX番号:0277-76-2449
メールアドレス:kikaku@city.midori.gunma.jp