このページの本文へ移動

感染症予防-予防接種

 疾病の発生及びまん延の予防を通じて健康の増進を図りましょう。

 予防接種を対象年齢で接種する場合は、費用は無料です。

定期接種

ヒブ(インフルエンザ菌b型)

〈対象・接種方法〉

生後2か月から生後60か月に(5歳)に至るまでの間にある者

1.1回目の接種日において生後2か月から生後7か月に至るまで・・・4回(初回3回・追加1回)

 初回→27日以上、標準的には56日までの間隔で3回接種

 追加→初回完了後、(3回目から)7か月以上、標準的には13か月あけて1回接種

2.1回目の接種日において生後7か月から生後12か月(1歳)に至るまで・・・3回(初回2回・追加1回)

 初回→27日以上、標準的には56日までの間隔で2回接種

 追加→初回完了後、(3回目から)7か月以上、標準的には13か月あけて1回接種

3.1回目の接種日において生後12か月(1歳)から生後60か月(5歳)に至るまで・・・1回接種

小児用肺炎球菌

〈対象・接種方法〉

生後2か月から生後60か月に(5歳)に至るまでの間にある者

1.1回目の接種日において生後2か月から生後7か月に至るまで・・・4回(初回3回・追加1回)

 初回→27日以上の間隔で3回接種

 追加→初回完了後、(3回目から)60日以上あけて1歳以降に1回接種

2.1回目の接種日において生後7か月から生後12か月(1歳)に至るまで・・・3回(初回2回・追加1回)

 初回→27日以上の間隔で2回接種

 追加→初回完了後、(2回目から)60日以上あけて1歳以降に1回接種

3.1回目の接種日において生後12か月(1歳)から生後24か月(2歳)に至るまで60日以上あけて2回接種

4.1回目の接種日において生後24か月(2歳)から生後60か月(5歳)に至るまで1回接種

B型肝炎

〈対象・接種方法〉

生後12か月に至るまでの間にある者。ただし、HBs抗原陽性の母親から生まれて、抗HBs人免疫グロブリンの投与、B型肝炎ワクチンの投与を受けたことのある者を除く。

・1回目、2回目→27日以上の間隔で2回接種

・3回目→1回目から139日以上あけて1歳までに1回接種

BCG

〈対象・接種方法〉

生後1歳に至るまでの間にある者で、1回接種のみ

四種混合1期(百日咳・ジフテリア・破傷風・ポリオ)

〈対象・接種方法〉

生後3か月から生後90か月(7歳6か月)に至るまでの間にある者

 初回→20日以上、標準的には56日までの間隔で3回接種

 追加→初回完了後、(3回目から)6か月以上、標準的には1年から1年6か月あけて1回接種

水痘(みずぼうそう)

〈対象・接種方法〉

生後12か月から生後36か月に至るまでの間にある者

 3か月以上、標準的には6か月から1年の間隔をおいて2回接種

麻しん風しん混合(1期・2期)

〈対象・接種方法〉

 1期→生後12か月から生後24か月に至るまでの間にある者

 2期→小学校就学前の1年間

 1期・2期ともに1回接種

日本脳炎(1期・2期)

〈対象・接種方法〉

1期:生後6か月から生後90か月(7歳6か月)に至るまでの間にある者(初回2回・追加1回)

※原則、生後36か月から生後90か月に至るまでの間にある者に実施する。

 初回→6日以上、標準的には28日までの間隔で2回接種

 追加→初回完了後(2回目から)6か月以上、標準的にはおおむね1年あけて1回接種

2期:9歳以上13歳未満の者

 1期接種後(通常はおおむね5年が望ましい)、1回接種

日本脳炎(1期・2期の未接種分)特例措置

〈対象・接種方法〉

 平成17年5月以降の勧奨差し替えにより接種できなかった1期及び2期の未接種分がある人については、20歳未満の間で接種できます。ただし、2期の接種は1期終了後9歳に達してから接種できます。

 平成19年4月1日までに生まれた人で1期の接種回数(3回)及び2期の計4回に未接種分がある人。(20歳未満に限る)未接種分を、どのようなスケジュールで接種するかは、医師と御相談ください。

二種混合(2期)

〈対象・接種方法〉

11歳以上13歳未満で、小学6年生で1回接種

子宮頸がん

〈対象・接種方法〉

中学1年生から高校1年生相当の女子。接種スケジュールは医師と御相談ください。

※子宮頸がん予防接種は、現在積極的勧奨を差し控えています。

高齢者インフルエンザ

〈対象・費用〉

・65歳以上の方

・60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、もしくは呼吸器の機能又はヒト免疫の機能に障害を有する障害者手帳1級を所持している方

 個人負担1,000円が必要です。生活保護の方は無料です。医療機関に申し出てください。

〈その他〉

・接種期間は10月1日から1月31日です。ワクチンの供給が遅れているため、12月28日から1月31日まで延長しました。

・65歳以上の人には、9月中に予診票を発送してあります。

高齢者肺炎球菌

〈対象・費用〉

・65、70、75、80、85、90、95、100歳の方

・60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、もしくは呼吸器の機能又はヒト免疫の機能に障害を有する障害者手帳1級を所持している方

 個人負担2,000円が必要です。生活保護の方は無料です。医療機関に申し出てください。

 ※対象者には、4月中に予診票を発送してあります。※定期接種は生涯に1回のみです。

任意接種

風しん(成人)個別接種

〈対象・助成額〉

・みどり市に住所を有する方

・事前に群馬県が実施する風しんの抗体価検査を受けて予防接種が必要となった方(妻・夫・パートナー等群馬県が認めた方)

・妊娠中に受けた妊婦健診で風しん抗体価が低く、次の妊娠までに予防接種を希望する女性

・今までに本助成を受けたことのない方

1.風しん単独ワクチンの接種3,000円

2.麻しん風しん混合ワクチンの接種5,000円

※医療機関に支払う金額は、1又は2の金額を差し引いた残りの金額になります。

※生活保護世帯に属する方は、ともに全額公費負担となります。

 〈申請方法〉

 群馬県から発行された抗体価検査結果表又は母子手帳、印鑑を持参し、各保健センターで風しん予防対象者認定書兼予診票の交付を受ける。

(任意)高齢者肺炎球菌

〈対象・助成額〉

 75歳以上で、本助成を受けたことがない方のうち、定期の高齢者肺炎球菌予防接種の対象者ではない方

 助成額2,000円

 ※医療機関に支払う金額は、2,000円を差し引いた残りの金額になります。

任意(法定外)の予防接種

 予防接種法に基づかない任意の予防接種は、被接種者又はその保護者の希望により行われる予防接種で、その接種費用は一部を除き全額自己負担となります。万が一、任意の予防接種によって健康被害が起きた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済の対象となる場合があります。

 また、任意予防接種のうち、下記のとおり、市が行政措置として指定した予防接種によって健康被害が起きた場合には、全国町村会総合賠償補償保険による救済の対象となる場合があります。

行政措置予防接種の種類

季節風インフルエンザ、BCG、四種混合、二種混合、不活化ポリオ、破傷風、日本脳炎、麻しん風しん混合、麻しん、風しん、おたふくかぜ、水痘、B型肝炎、肺炎球菌、小児用肺炎球菌、A型肝炎、狂犬病、ヒブ(インフルエンザ菌B型)、子宮頸がん、ロタ、髄膜炎

 

2017年 12月 12日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康管理課
電話番号:0277-76-2510  FAX番号:0277-76-5228
メールアドレス:kenkou@city.midori.gunma.jp