このページの本文へ移動

特定間伐等促進計画の策定について

はじめに

 森林は、国土の保全、水源のかん養等のほか、二酸化炭素の吸収源として重要な役割を果たしています。京都議定書に基づき、集中的な間伐等の実施の促進を図るため、森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法(以下「間伐等促進法」という)が平成20年5月16日(平成25年5月31日一部改正)に公布・施行されました。

2 特定間伐等促進計画の策定

 みどり市では、「森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法」に基づく「特定間伐等促進計画」を策定しました。
 上記計画については、みどり市役所農林課(大間々庁舎)にて閲覧できます。
※平成25年から平成32年までの間伐及び造林の目標面積を定め、いつ(実施時期)、どの森林を(実施場所)、誰が(実施主体)、どんな施業(間伐・造林)を行うなどの計画を立てています。
※促進計画は、8年間の計画となっており、計画期間の途中でも提案、又は変更することが可能です。
 

3 その他

間伐等促進法に関するホームページ(下記のリンク)もご覧ください。(パンフレットがあります)

2015年 9月 14日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

産業観光部 農林課
電話番号:0277-76-1937  FAX番号:0277-76-1780
メールアドレス:norin@city.midori.gunma.jp