このページの本文へ移動

デート商法にご注意ください

デート商法とは、出会い系サイトや間違い電話、メール等により販売目的を隠して近づき、言葉巧みな話術で相手に好意を抱かせ、それらにつけ込んで高額な商品等の販売を行う手口です。恋愛感情等を利用しつつ、断りにくい状況を作って契約を迫り、契約後に連絡が取れなくなってしまうことが特徴です。

事例

婚活サイトで知り合った男性に好意を持った。数回目のデートの際に投資用マンションの話題が出た。投資の知識は無かったが、男性から「2人の将来のため」と説得され購入した。しばらくすると突然男性と連絡が取れなくなった。

注意点

最近は恋愛感情を利用して高額な投資用マンションを購入させ、その後連絡が取れなくなるといった消費者相談が増加しています。購入したマンションが相場より高額である場合もあるようです。クーリング・オフが可能な場合もありますが、マンションの購入契約自体は適法に成立しているケースが多く、被害救済が困難です。不審に感じた場合はすぐに消費生活センターに連絡をしてください。

2015年 8月 18日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

産業観光部 商工課
電話番号:0277-76-1938  FAX番号:0277-76-9049
メールアドレス:shoko@city.midori.gunma.jp