このページの本文へ移動

みどり市奨学金制度の概要

修学の意欲と能力を有するにもかかわらず経済的理由によって修学が困難な人に対し、教育の機会均等を図るため、奨学金を無利子でお貸しします。

みどり市奨学金ガイド

みどり市奨学金の概要やスケジュール等のほか、Q&Aなども掲載していますので、申請前に一度ご覧ください。

みどり市奨学金ガイド

奨学金貸与の資格

次のような方にお貸ししています。

 高校、大学などの学校に通っていて、卒業した(または在学する)学校の校長の推薦を受けられる方で次のいずれにも該当する方など

  • 経済的な理由で学校に通うことが困難なであること
  • 他の奨学金などを借りていないこと
  • 親が1年以上市内に住んでいること 

貸与額及び貸与方法

貸与額

貸与を受けられる奨学金の額の上限は、学校の種類や通学の形態によって、次のとおりです。

  • 高校生など…貸与月額10,000円
  • 大学生・専修学生など(実家からの通学)…20,000円
  • 大学生・専修学生など(下宿からの通学)…30,000円

貸与方法

  • 年2回(5月・10月)、指定口座へ振り込みます。
  • 新規で貸与を受ける人は奨学金貸与契約書、2年目以降の人は在学証明書(毎年4/15提出期限)の提出を確認させていただいた後の振り込みとなります。
  • 貸与期間は、入学または在学する学校の正規の修業期間を上限とします。(休学期間中は貸与中止) 
  • 貸与終了時には借用証書を提出していただきます。

申請方法

申請方法については、下記の関連情報「奨学金 貸与認定申請」をご覧ください。

返還方法

卒業後1年を経過した月の翌月から貸与期間の2倍の期間内で、月賦または年賦により返還(無利子)

  • 貸与終了後1年間は返還を猶予します。猶予無しで返還を希望される場合はご相談ください。
  • 毎年4月に1年分の請求書を郵送します。指定された期日までに指定の金融機関で納めてください。
  • 返還には、便利で安心な口座振替による納付方法が選択できます。
  • 期限が到来していない返還金を繰り上げて返還したい場合はご相談ください。
  • すべての返還が終了した後に、借用証書を返還し、完納通知を送付します。

※現在、合併前の旧笠懸町、旧大間々町、旧東村が実施していた奨学制度による奨学金を返還している人(返還を猶予されている人を含む。)は、それぞれの制度により決定された方法により返還していただきます。

注意事項

奨学金の貸与契約解除事項

次のいずれかに該当するに至った場合は、貸与契約を解除させていただくことがあります。

  • 上記貸与資格のいずれかを欠くに至ったとき。
  • 奨学金の貸与を受けることを辞退したとき。
  • 奨学金を貸与することが適当でないと認められるとき。

届出を必要とする事項

奨学生等に異動があるときは、次の場合は届出が必要です。
もれなくお手続きしてください。
様式は、下記関連情報からダウンロードしてください。

※届出が必要な事由が発生したときは、まずは教育総務課にご連絡ください。

  1.  奨学生が休学、復学、転学又は退学をしたとき、本人又は連帯保証人の住所、氏名等の異動があったとき(異動届)
  2. 奨学金貸与資格の要件に該当しなくなったとき(奨学金貸与資格消滅届)
  3. 貸与を受けることを辞退したいとき(奨学金辞退届)
  4. 奨学生が死亡したとき(奨学生死亡届)
  5. 振込口座を変更したいとき(奨学金振込先口座変更届)

その他の手続

連帯保証人の変更 

連帯保証人を変更しようとするときは、「連帯保証人変更願」を提出し、承認を受けなければなりません。
様式は、下記関連情報からダウンロードしてください。

返還の猶予、免除

正当な理由により期限までの返還が困難な場合については、申請により返還の猶予の決定を受けることができます(奨学金返還猶予申請書)

また、返還が完了する前に本人が死亡した場合については、申請により返還債務の免除の決定を受けることができます(奨学金免除申請書)

様式は、下記関連情報からダウンロードしてください。

2018年 7月 2日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育部 教育総務課
電話番号:0277-76-9844  FAX番号:0277-76-1954
メールアドレス:kyoikusomu@city.midori.gunma.jp