このページの本文へ移動

区域外就学・指定校変更

 みどり市では市内小中学校の通学区域を定めていますが、事情により、通学区域の学校へ通うのが難しい場合、一定の要件を満たし、保護者からの申請をみどり市教育委員会が認めた場合、通学校を変更することができます。
 また、市外に転出したものの、市内の学校へ通学を希望する場合も一定の要件を満たし、保護者からの申請を教育委員会が認めた場合、市内の学校へ就学することができます。

※内容等を考慮・検討する必要があるため、申請された全てを許可するものではありません。
※通学上の安全について、保護者が全責任を負うことが条件となります。
※通学にかかる費用は全て保護者の負担とします。

「一定の要件」とは次の場合を指します

仕事上の理由
・保護者の仕事の理由により帰宅時間が遅く、他に児童・生徒を保護する者がいないので、児童・生徒の祖父母等の住所地へ帰宅し、祖父母等が預かる場合。(保護者の勤務先の「在職証明書」と預け先の「預かり証明書」が必要です。)

心身的理由
・児童・生徒の精神的理由により、指定校での就学が耐えられないと客観的に予測できる場合。(「医師の証明書」又は「学校長の意見書」等が必要です。)
・児童・生徒の身体的理由により指定校以外での就学が適当と認められる場合。(「医師の証明書」又は「学校長の意見書」等が必要です。)
家屋の新築等の理由
・現在、他の学校区に家屋を新築中であり、住宅資金の借り入れ等の理由により、既に住所変更をしたが、実質的な居住がまだ不可能な場合。(建築証明の写し等が必要です。) 
・現在、他の学校区に家屋を新築中であり、近い将来その住居に転居が予定されているため、あらかじめその地区の学校への就学を希望する場合。 (建築証明の写し等が必要です。)
・近い将来、他の学校区内のアパート等へ転居が予定されているため、あらかじめその地区の学校への就学を希望する場合。 (入居証明の写し等が必要です。)

その他
・学期途中で学校区外へ転居及び転出した場合、その学期末まで現在校で許可します。
・小学校6年生、中学校3年生の学期途中の転居及び転出の場合は、卒業まで許可します。
・保護者が長期療養等により児童、生徒を保護することが出来ない場合。
・災害等の理由により、一時的に住所を変更した場合。
・特認校制度を適用した場合。
・その他、真にやむを得ないと認められた場合。

2017年 6月 9日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育部 学校教育課
電話番号:0277-76-9845  FAX番号:0277-76-1954
メールアドレス:gakkou-k@city.midori.gunma.jp