このページの本文へ移動

第3回桐生・みどり連携推進市長会議

 7月2日に桐生市役所で、第3回桐生・みどり連携推進市長会議を開催しました。
 ここでは、新たな桐生・みどり市連携・交流事業7項目13事業と、亀山市長の提案で小規模多機能型居宅介護事業所の相互利用について合意しました。そして、既に実施している連携・交流事業の進捗状況の確認と市政に関する情報交換を行いました。  概要については下記のとおりです。
 これからも、市民サービスの向上や効率的な行政運営を図り、両市民の一体感を高めることを目的に「桐生・みどり連携推進市長会議」を開催してまいります。

新たな桐生・みどり市連携・交流事業

契約業務の共同研究

契約業務の共同研究を行い、事務の効率化を図る。

電算システムと情報基盤整備の共同検討
  •  両市で共同開発が可能な電算業務を検討する。
  • 両市の情報基盤未整備地域を解消するため共同整備の可能性を検討する。
航空写真作成委託事業の共同化

固定資産税評価替に伴う航空写真作成の共同委託を研究する。

環境問題等の共同実施
  • 環境保全ポスター展を合同開催し、小・中学生の環境への意識の高揚を図る。
  • 環境問題で共同実施できる事業(CO2ダイエット宣言など)を協議する。
広域観光連携
  • 同日開催となる桐生八木節まつりと大間々祗園まつりでスタンプラリーを実施する。
  • 国交省が重点地域を指定して旅行商品の企画・開発を支援する「観光まちづくりコンサルティング事業」に両市で取り組む。
子育て支援事業等の広域実施
  •  母子保健、健康づくり事業の連携
    桐生市の「ママ&パパ教室~産後編~」にみどり市民も参加できるようにする。
  • BCG予防接種の個別化に向けての対策
    平成21年度からの実施に伴い、各種協議・研修会や周知などを両市で進める。
行政及び市民の連携・交流の促進
  • AED(自動体外式除細動器)設置情報の周知
    両市民が設置場所を早く知ことができるために両市のHPなどで公開する。

その他の合意事項

小規模多機能型居宅介護事業所の相互利用

小規模多機能型居宅介護事業所は、利用希望者が出た場合には両市民が相互利用できるようにする。

2015年 10月 6日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 企画課
電話番号:0277-76-0962  FAX番号:0277-76-2449
メールアドレス:kikaku@city.midori.gunma.jp