このページの本文へ移動

来館者ノート

 

 

学校の修学旅行できたのですが、いい作品がいろいろあってどれをノートに書こうかまよってしまいました。日光にくる前いろいろ勉強してきました。
写真や動画でみる作品はただすごいなあと思っていただけですが、本物をみたとたんあっとうされてこころをうごかされました。
とみひろさんはお母さんをたいせつにしていることも分かり、自分もお母さんをたいせつにしようと思いました。
修学旅行生

 

 


 

 

初めて来ました。
詩ってこんな心救われるものがあるんだね。

 

 


 

 

神戸駅から歩いて来ました。
つかれましたが、美術館が見えて、その建物に感動しました。
水彩画はとても優しい気持ちにさせてくれました。
ありがとう!!
堀井

 

 

2017年 2月 9日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育部 富弘美術館
電話番号:0277-95-6333  FAX番号:0277-95-6100
メールアドレス:tomihiro@city.midori.gunma.jp