このページの本文へ移動

『みどり市橋梁長寿命化修繕計画』を策定しました。

 みどり市では、下記のとおり「みどり市橋梁長寿命化修繕計画」を策定しました。本計画をもとに、みどり市内における橋梁の計画的な点検や修繕を行います。

みどり市橋梁長寿命化修繕計画の概要

 背景

 みどり市が管理する橋梁164橋のうち、橋長15m以上の37橋の多くが昭和40年代を中心に建設され、橋齢50年を超えている橋梁が平成24年度では約13%であり、今後20年後には約75%に達し、利用する上で安全性が懸念されます。

 目的

 橋梁長寿命化修繕計画は、橋梁の劣化や損傷が小さいうちに対策する長寿命化型管理を行うことにより、維持更新費用の縮減を図ることを目的とします。

 効果

  • 橋梁の維持管理に必要となる予算を平準化することで、財政上の負担を軽減します。
  • 橋梁の点検、補修、更新等の管理を計画的に行うことで、維持更新費用の縮減を図れます。

2017年 4月 7日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

都市建設部 建設課
電話番号:0277-76-1904  FAX番号:0277-76-1951
メールアドレス:kensetsu@city.midori.gunma.jp