このページの本文へ移動

火災予防に努めましょう

 寒さ厳しく、暖房器具などの火気を取り扱う機会が増えるととに、空気が乾燥し、火災が発生しやすい時期となっています。
 火災の原因は、台所のガスこんろ、たばこの火、ストーブ、電化製品、スプレー缶、たき火、火遊びなど、私たちの身近な生活の中にあるものばかりです。

 火を取り扱う時には細心の注意を払うとともに、住宅用火災警報器等を設置するなど、日頃から火災予防に努めましょう。

住宅防火 いのちを守る7つのポイント

  1. 寝たばこは、絶対しない
  2. ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する
  3. ガスこんろなどのそばを離れるときには、必ず火を消す
  4. 逃げ遅れ防止のため、住宅用火災警報器を設置する
  5. 寝具や衣類、カーテンは、防炎品を使用する
  6. 住宅用消化器などを設置する
  7. お年寄りや障がいのある人などを守るために、隣近所の協力体制を作る 
     

2015年 4月 1日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

危機管理課
電話番号:0277-76-0960  FAX番号:0277-76-2452
メールアドレス:kikikanri@city.midori.gunma.jp