このページの本文へ移動

人・農地プランについて

人・農地プランとは

農業者の高齢化や後継者不足、さらには耕作放棄地の拡大など、農業を取り巻く環境が急速に変化しつつある中、持続可能な力強い農業を実現するためには、基本となる「人と農地の問題」を一体的に解決していくことが重要です。

このため、それぞれの集落・地域において話し合いを行い、集落・地域が抱える人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」の作成が必要です。これが「人・農地プラン」です。

みどり市では平成25年4月に「人・農地プラン」を作成し、定期的にプランの見直しを行っております。現在のプランは、市内2地域(笠懸地域、大間々・東地域)で作成しており、平成29年12月に見直しを行いました。

※農地中間管理機構・・・担い手への農地集積・集約化を加速するため、農地の中間的受け皿となる公的機関です。

 「みどり市人・農地プラン」の公表について

農地中間管理事業の推進に関する法律(平成25年法律第101号)第26条第1項に基づく農業者等の協議が行われたので、同項の規定により下記のとおり公表します

 

2018年 2月 16日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

産業観光部 農林課
電話番号:0277-76-1937  FAX番号:0277-76-1780
メールアドレス:norin@city.midori.gunma.jp