このページの本文へ移動

中間検査について

中間検査とは

   中間検査は、工事監理者からの報告書等に基づき、重点的に箇所を抽出して現場検査を行います。同時に、工事監理や施工管理が適正になされているかをチェックします。建物の安全性を確保するためには、工事監理者による工事監理、工事施工者による施工管理が適切に行われることが不可欠で、中間検査制度の導入は、それらの品質管理、検査の体系を改めて確立させることを目的の一つとしています。なお、中間検査に合格すると中間検査合格証が交付されます。

中間検査の対象

   主要構造部の全部又は一部が木造(丸太組構法を除く。以下「木造等」という。)の一戸建ての住宅(兼用住宅を含む。)で、一の建築物における新築、増築又は改築に係る部分の床面積の合計(木造等の構造部分に限る。)が100を超え、かつ、地階を除く階数が2以上のものです。

提出時期

 特定工程に係る工事終了後4日以内 
 (特定工程とは、群馬県告示第255号に規定する屋根の小屋組み工事及び構造耐力上主要な軸組工事等をいう。)

検査日程

 検査は、原則として火曜日と木曜日の午前中に行います。事前に電話で予約も受付します。予約した場合には、検査前日までに手続きを済ませて下さい。

中間検査提出書類

申請書類 部数
中間検査申請書 1部

中間検査手数料算定シート 

 
委任状  
確認済証  
建築確認に要した図書及び書類  

基礎配筋状況・構造耐力上主要な部分の軸組み工事及び小屋組み工事の写真(規則第4条の8)

10枚程度
軽微な変更説明書(軽微な変更がある場合)  

工事監理状況報告書(中間検査用)

 
各階平面図(告示等による金物明記)、壁量計算書、1/4バランス計算書、基礎構造図等(木造軸組工法の場合) 木造枠組壁工法の場合は、告示第1540号に適合する旨の書類  

また、現場検査時には、地質調査及び材料の品質等の書類の提示してください。

手数料

関連情報

 

2016年 9月 5日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

都市建設部 建築指導課
電話番号:0277-76-2189  FAX番号:0277-76-1951
メールアドレス:kenchiku@city.midori.gunma.jp