このページの本文へ移動

下水道事業「経営比較分析表」の策定

下水道事業について、平成27年度の経営指標を用いた「経営比較分析表」を策定しましたので公表します。

公営企業は、施設の老朽化に伴う更新投資の増大、人口減少に伴う料金収入の減少等により、経営環境は厳しさを増しております。

今回、本市の公営企業(下水道事業)において、経営及び施設の状況を表す経営指標を活用し、経年比較や他公営企業との比較、複数の指標を組み合わせた「経営比較分析表」を策定しました。

この分析表をもとに、現状と課題、将来像の把握に努め、経営の改善に取り組みます。

経営指標

経営の健全化・効率性

  1. 収益的収支比率
  2. 累積欠損金比率
  3. 流動比率
  4. 企業債残高対事業規模比率
  5. 経費回収率
  6. 汚水処理原価
  7. 施設利用率
  8. 水洗化率

老朽化の状況

  1. 有形固定資産減価償却率
  2. 管渠老朽化率
  3. 管渠改善率

 

経営比較分析表(平成27年度版)

 

過去に作成した経営比較分析表

平成26年度版 

 

2017年 5月 22日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

都市建設部 都市計画課
電話番号:0277-76-1903  FAX番号:0277-76-1951
メールアドレス:toshikeikaku@city.midori.gunma.jp