このページの本文へ移動

浄化槽設置に対する補助

 みどり市では、生活排水による公共用水域の水質汚濁を防止するため、合併処理浄化槽の設置に要する経費について、予算の範囲内において補助金を交付します。

 平成29年4月3日(月)より、平成29年度分の申請受付を開始します。

 

 

補助の対象

  • これから合併処理浄化槽を設置するもの
    (注)補助金の交付決定前に合併処理浄化槽の工事に着手した場合、補助を受けることはできません。
  • 設置する合併処理浄化槽が環境配慮型の浄化槽 
  • 設置する合併処理浄化槽の大きさが10人槽以下のもの
  • 浄化槽を使用する建物が申請者の居住するための専用住宅(小規模店舗併用住宅を含む)
  • 申請者が、市税等の滞納をしていない
  • 申請者が、過去に合併処理浄化槽の設置補助金の交付を受けていない
  • 申請者が、公共事業に係る補償において、合併処理浄化槽及び単独処理浄化槽等の補償を受けていない
  • 浄化槽を設置する場所が、公共下水道事業計画区域および農業集落排水事業整備区域以外の地域
  • 年度内に工事完了検査が終了できるもの

 

補助金額

新規

 補助対象の合併処理浄化槽を新設すると、設置する合併処理浄化槽の大きさ(人槽)に応じて、次の金額が交付されます。

 浄化槽の人槽
  • 5人槽   240,000円
  • 7人槽   306,000円
  • 10人槽 408,000円 

 

転換

 単独処理浄化槽や汲み取り槽を適正に撤去して、補助対象の合併処理浄化槽を設置する場合は、設置する合併処理浄化槽の大きさ(人槽)に応じて、次の金額が交付されます。
 また、単独処理浄化槽を雨水貯留槽等に改修して、補助対象の合併処理浄化槽を設置する場合も同様の補助金が交付されます。

浄化槽の人槽
  • 5人槽   490,000円
  • 7人槽   556,000円
  • 10人槽 658,000円  

 なお、補助額には、群馬県の浄化槽エコ補助金分10万円が含まれています。

 

準転換

 単独処理浄化槽や汲み取り槽をやむを得ない理由により、撤去できずに補助対象の合併処理浄化槽を設置する場合は、設置する合併処理浄化槽の大きさ(人槽)に応じて、次の金額が交付されます。 

浄化槽の人槽
  • 5人槽  340,000円
  • 7人槽  406,000円
  • 10人槽  508,000円 

 なお、補助額には、群馬県の浄化槽エコ補助金分10万円が含まれています。

 

転換及び準転換の場合の注意点
  • 既設の単独処理浄化槽や汲み取り槽の撤去または改修状況の写真の提出が必要となります。撤去または改修を行う業者に、撤去または改修状況の写真管理を行うよう十分に確認をとった上で、工事を依頼してください。
  • 既設の単独処理浄化槽や汲み取り槽が止むを得ない理由により撤去できない場合でも、合併処理浄化槽への切り替え工事を実施すると、平成29年度も引き続き、群馬県の浄化槽エコ補助金事業の対象となります。

 

浄化槽の補助金を受けるには?

1 浄化槽の補助金申請

 浄化槽の補助申請を都市計画課窓口に提出してください。浄化槽工事は、必ず補助金の交付決定後に行ってください。

添付書類  
  1. (設置場所が笠懸町・大間々町の場合)建築基準法に基づく確認済証の写し、浄化槽仕様書
  2. (設置場所が東町の場合)浄化槽設置届出書
  3. (変更があった場合)浄化槽工事事業者等変更報告書の写し
  4. 設置場所の案内図および配置図(建物の間取りおよび配管位置がわかるもの)
  5. (設置場所等を借りている場合)賃借人の承諾書(17KB)(Word形式) 
  6. 設置する浄化槽の型式適合認定書の写し
  7. 設置する浄化槽の仕様書および図面
  8. 設置する浄化槽のカタログの写し
  9. (プレキャストコンクリート板を利用する場合)セメント試験成績表 、骨材試験成績表、鋼材検査証明書、製品配筋図、試験荷重計算書等
  10. 浄化槽設置工事に関する誓約書(別紙1)(15KB)(Word形式)の写し
  11. 承諾書(別紙2)(15KB)(Word形式)
  12. 設置する浄化槽の登録浄化槽管理票(C票)
  13. 設置する浄化槽の全国合併処理浄化槽普及促進市町村協議会登録証の写し
  14. 設置する浄化槽の小型合併処理浄化槽機能保証登録証(市町村用)
  15. 設置する浄化槽の工事請負契約書の写し
  16. 申請者の市町村民税等の未納が無いことを証明する書類(写し不可)
  17. 補助金振込口座確認書(3KB)(PDF文書)
  18. 浄化槽設置工事を行う方の浄化槽設備士免状等の写し

※転換・準転換の場合には次の書類も必要です。

  1. (単独処理浄化槽の場合)既設の単独処理浄化槽の保守点検・清掃委託契約書の写し 
  2. (汲み取り槽の場合)し尿汲み取り料金の領収書の写し
  3. 浄化槽エコ補助金確認書(113KB)(PDF文書)

 

2 浄化槽の設置工事 

 浄化槽の設置工事は、以下の点に注意して行ってください。

  1. 補助申請の際に申請した浄化槽設備士の監理のもと施工してください。
  2. 施工状況写真に漏れがないよう写真管理を行ってください。 
 
3 実績報告書の提出 

 浄化槽設置工事が完了したら実績報告書を提出してください。なお、単独処理浄化槽等の撤去等及び合併処理浄化槽設置工事が完了した日から30日以内または平成30年3月15日(木)までのいずれか早い日までに提出してください。期日を過ぎる場合は、事前に都市計画課までお問い合わせください。

添付書類
  1. 浄化槽保守点検業者および浄化槽清掃業者との業務委託契約書の写し(群馬県浄化槽保守点検等実施要領に基づく契約書)
  2. 浄化槽法定検査申込書(7条検査)の写し
  3. 請負工事業者が行った浄化槽工事チェックリスト(別紙3)(17KB)(Word形式)(所定項目を浄化槽設備士がチェックし提出)
  4. 工事費精算内訳書(別紙4)(15KB)(Word形式)
  5. 案内図
  6. 同意書(別紙5)(14KB)(Word形式)
  7. 浄化槽設置工程等の写真

※転換・準転換の場合には次の書類も必要です。

  1. 既設の単独処理浄化槽等の撤去、運搬、処理の各業者が確認できる書類(マニュフェスト等)の写し
  2. 浄化槽使用廃止届出書の写し(既設の単独処理浄化槽を廃止した場合)
    (浄化槽使用廃止届出書の本書は、東部環境事務所へ提出してください)
  3. 既設の単独処理浄化槽等の撤去または改修作業工程等の写真
  4. 既設の単独処理浄化槽等をやむを得ない理由により撤去できない場合は、埋戻しした写真

 

申請内容に変更が生じた場合の手続き

 申請者の住所が変更になった、浄化槽の型式が変更になった場合など、浄化槽の補助申請の内容に変更が生じた場合は、変更等承認届出書により変更内容を申し出てください。

 

4 請求書の提出

 実績報告書の提出後、市職員による完成検査を実施します。検査に合格したら、請求書を提出してください。請求書の提出後、約1、2か月で指定の口座へ補助金を入金します。

添付書類
  • 補助金を振込する口座の通帳の写し

  

5 行政手続法(条例等)の処理基準

 

2017年 4月 7日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

都市建設部 都市計画課
電話番号:0277-76-1903  FAX番号:0277-76-1951
メールアドレス:toshikeikaku@city.midori.gunma.jp