このページの本文へ移動

みどり市防災情報伝達システム設計(基本設計及び実施設計)業務委託に係る公募型プロポーザルの実施結果

  市民を災害から守るため、安全性・速報性・正確性・一斉制等を備えた本市独自の防災情報伝達システムを整備するにあたり、本市の自然条件や災害特性、また、既存の施設(設備)やシステムとの融合について検討・分析し、最適なシステムを構築する必要があることから、企画力と技術力、経験等を広く募るためにプロポーザルを実施し、契約候補者を選定しました。

業務名

 みどり市防災情報伝達システム設計(基本設計及び実施設計)業務

履行期間

 契約締結日の翌日から平成29年3月10日まで

提案上限額

 15,400,800円(消費税額及び地方消費税相当額含む)

参加資格

  1. 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4第1項の規定に該当しない者であること。
  2. みどり市競争入札参加資格者名簿に登録があること。
  3. 社更生法(平成14年法律第154号)又は民事再生法(平成11年法律第225号)基づき更生続開始又は再生手続き開始の申し立てがなされていない者であること。
  4. 申請書提出期限の日から契約締結の日までの間に、国及び地方公共団体から指名停止、又は入札参加資格の取り消しなどを受けている者でないこと。
  5. みどり市暴力団排除条例(平成24年みどり市条例第12号)に規定する暴力団等ではないこと。
  6. 業務について、高い知見と十分な業務遂行能力を有し、常に連絡及び調整ができるような体制を整えていること。
    また、関東総合通信局及び関係機関に対して、的確なヒアリング等の対応が行えること。
  7. 5年以内に関東総合通信局管内でデジタル防災行政無線システムの基本設計又は実施設計業務の元請契約実績を有する者であること。 
  8. 次に掲げる基準を満たす管理技術者を本業務に配置できること。
    (1)技術士(電気電子部門)又は、第一級陸上特殊無線技士、及びRCCM(電気電子部 門)いずれかの資格保有者であること。
    (2)
    資格者は、本業務の参加申込みを行った者と直接かつ恒久的な雇用関係(本公告以前3ヶ月以上の期間において雇用関係)にあること。 

審査結果

 契約候補者:株式会社エスビイデー(栃木県小山市)

 

 

 

2016年 12月 1日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

危機管理課
電話番号:0277-76-0960  FAX番号:0277-76-2452
メールアドレス:kikikanri@city.midori.gunma.jp