みどり市の歴史・文化


1.みどり市の歴史・文化を学ぼう

みどり市には、1万年以上前の日本の 旧石器時代(きゅうせっきじだい)人類(じんるい)が住んでいたことを証明(しょうめい)した岩宿(いわじゅく)遺跡をはじめとして、たくさんの遺跡があるんだよ。

大間々祇園まつり昔、みどり市の地域は、足尾銅山(あしおどうざん)の銅を運ぶ(あかがね)街道(かいどう)宿場町(しゅくばまち)として発展してきたんだ。いまも各地域にそのころのなごりが残っている場所があるよ。

大間々町地区には、江戸の寛永(かんえい)年間に始まった伝統の祭「大間々祇園(ぎおん)まつり」があるよ。「おぎょん」と呼ばれみんなに親しまれるこの祭は、上州三大祗園の一つなんだ。

東町地区には、京都から伝わったという「小中獅子舞(こなかししまい)があるよ。1000年近く昔の豪族、阿倍宗任(あべのむねとう)をまつる鳥海神社(ちょうかいじんじゃ)()われるんだ。

笠懸町地区では、町名の元になった「笠懸(かさがけ)」(笠を模した的を馬上(ばじょう)から射る武技(ぶぎ))を後世に受け継ぐ活動が行われているんだよ。

小中獅子舞 笠懸の武技

 それと、みどり市には、星野富弘(ほしのとみひろ)さんの詩画(しが)を展示した「富弘美術館」や、全国でも数えるほどしか残っていない日本的な劇場建築物(げきじょうけんちくぶつ)「ながめ余興場(よきょうじょう)」など、文化施設もたくさんあって、市外からも多くの人が訪れてにぎわっているよ。

富弘美術館 ながめ余興場
 

2.みどり市の合併の歴史

はじめは小さな村とかだったけれど、明治22年、昭和29年、昭和33年に合併といってだんだんくっついて大きくなり、平成18年3月27日に新田郡笠懸町・山田郡大間々町・勢多郡東村が合併して、群馬県で12番目となる「みどり市」が誕生したんだよ。

■みどり市誕生までの流れ
みどり市誕生までの流れ
場所と形 産業と特産品 観光・レジャー 歴史・文化 市役所のしくみと仕事