このページの本文へ移動

モリアオガエル

 モリアオガエルは、本州と佐渡島に棲息する日本の固有種で、繁殖期の4月から7月にかけて水面に張り出した木の枝に10センチから15センチ大の卵塊を産み付けます。
 みどり市の指定としては、棲息地ではなく、種としてのモリアオガエルを天然記念物としています。
 東町のモリアオガエルは、群馬県内のほかの棲息地(せいそくち)のものより大形で、褐色の斑点を含むものがいることを特徴としています。
 かつては東町の各地に見られましたが、各種開発で主な棲息地が、沢入(そうり)地区、座間(ざま)地区、小中(こなか)地区の限られた場所になっています。

 モリアオガエル

概要

指定区分

みどり市指定天然記念物(動物)

指定年月日

昭和56年12月14日

所在地

みどり市東町沢入 外
 

2018年 8月 6日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財課
電話番号:0277-76-1933  FAX番号:0277-76-1703
メールアドレス:bunkazai@city.midori.gunma.jp