このページの本文へ移動

展示事業

※令和4年度の展示事業につきまして、現在新型コロナウイルスの感染状況を見極めながら、調整・検討中となっております。つきましては、以下に記載されていても、感染状況等によっては延期・中止となる可能性ありますことをご了承ください。

令和4年度の企画展示等の展示事業は、下記のとおりです。(※都合により変更となる可能性があります。ご了承ください。)

 

 

★YouTubeの「みどり市博物館チャンネル」にて岩宿博物館のプロモーション動画と、博物館の展示について楽しく学べる、みどモスと館長の解説動画を公開しています。ぜひご覧ください★

博物館プロモーション動画 https://www.youtube.com/watch?v=4IwXL-1ChdI 

まるでハリウッド映画の予告編?!と見まごうようなカッコイイPVが出来ました!岩宿博物館に来たことがある人も、まだ来たことが無い人も、新たな魅力に気付くかも・・・・・・必見です。
 

みどモスと学ぼう https://www.youtube.com/watch?v=QUb602PY4SE

岩宿博物館の常設展示や、岩宿遺跡について、みどり市のマスコットキャラクター、みどモスと館長による解説が見られます。特に、修学旅行等で来館する小学生におススメ。もちろん大人の方にも、あまり馴染みの無い「岩宿(旧石器)時代」について分かりやすく学べる内容です。来館時の予習や復習にもどうぞ♪

 

「みどり市の歴史と文化財」

開催期間:令和4年4月29日(金・祝)~令和4年7月18日(月・祝)  ※終了しました

 平成18年に誕生したみどり市には約3万年前からの長い歴史があり、2か所の国指定史跡をはじめ、4か所の群馬県指定史跡、9か所の市指定史跡など多くの文化財に恵まれています。

 この展示では、市内に所在する遺跡の出土品や、市内各所に所在する様々な文化財を通じて、岩宿時代から近代に至る、みどり市の歴史を概観します。

 今回は、いつもどおりの岩宿時代から平安時代までの展示のほか、昨年地元の郷土史家の方からご寄贈いただいた東町花輪にある淵ノ上遺跡の採集資料や、みどり市が計画している大型の運動場である「西鹿田グリーンパーク」の計画地となった向山遺跡の発掘調査における出土品
、稲作 - 特に脱穀 - に関係する民具の展示も行っています。 

エントランスの様子の写真 岩宿時代の展示の写真 縄文時代の展示の写真
エントランス 岩宿時代の展示 縄文時代の展示
弥生・古墳時代の展示の写真 古墳時代の展示の写真 古代と地震の展示の写真
弥生・古墳時代の展示 古墳時代の展示 古代と地震の展示
中世の展示の写真 近世・江戸時代の展示の写真  
中世の展示 近世(江戸時代)の様子  

※本展示に関しては、借用資料も含めて写真撮影可能です。他のお客様の迷惑にならないようご注意願います。 

 

夏休み子ども向け展示『岩宿人のくらしをさぐる』

開催期間:令和4年7月30日(土)~令和4年9月23日(金・祝)  *開催中*

岩宿時代の人々はどのようなくらしをしていたのでしょうか。石器やその他の道具を復原し、その使い方や実際のくらしの様子をわかりやすく展示します。夏休みの自由研究の参考としてもぜひご覧ください。

☆この企画展に関連する、第74回企画展『岩宿人のくらしを調べる』展示解説書は、岩宿博物館ミュージアムショップにて好評発売中!(1冊600円)☆

 

岩宿時代の復元住居
岩宿時代の復元住居
展示の様子
展示の様子

 
岩宿文化賞-岩宿文化研究奨励賞学生部門賞

 みどり市教育委員会文化財課では、「岩宿文化賞」(学生部門賞)を募集しています。岩宿遺跡や岩宿時代、縄文時代に関係する自由研究の作品が仕上がったら、ぜひご応募ください。

※岩宿文化賞については、みどり市教育委員会文化財課にお問合せください。

 

第76回企画展『加藤 稔 その調査と業績』 

開催期間:令和3年 10月9日(土)~令和3年 11月28日(日)    終了しました

共催:相澤忠洋記念館

 1946(昭和21)年、岩宿遺跡を発見した相澤忠洋は、発掘調査が行われた1949(昭和24)年までの間に、元宿遺跡など岩宿遺跡を発見し、岩宿遺跡発掘前から岩宿時代研究を進めていました。岩宿遺跡の発掘以降も、元宿遺跡の他、三ツ屋遺跡や桝形遺跡など、赤城山麓で研究上重要な遺跡を発掘調査しており、これらの調査によって、群馬県内はもとより、全国的にも岩宿時代研究を当初からリードしていたといえます。

 また、岩宿遺跡発掘調査後も、長野県矢出川遺跡、新潟県荒屋遺跡、長崎県福井洞穴など研究上重要な遺跡の発掘調査に参加し、それらの調査で活躍していました。今回の展示では、岩宿時代研究をリードしてきた相澤忠洋が調査してきた岩宿時代遺跡を取り上げ、岩宿時代研究全体の中に相澤の研究を位置づけていきたいと思います。

 なお、この展示の中で、現在進行中の相澤資料整理作業の成果を盛り込んで展示します。


・第75回企画展ポスター(1MB)(PDF文書)


●第75回企画展展示図録『相澤忠洋と岩宿時代研究』はA4判フルカラー44頁、600円にて当館ミュージアムショップでのみ販売しています。

 ☆第75回企画展の展示図録は、通信販売の形での販売も可能です。購入ご希望の方は岩宿博物館(0277-76-1701)まで御連絡ください。現金書留に希望冊数分の代金を入れて送付してください。(なお、図録の送料は着払いとなります。) 

 

 関連行事 

※新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、展示解説会等の関連行事は実施しません。 
 

 

第25回友の会展示「サークル活動展2021」 

開催期間:令和4年1月30日(日)~同年2月20日(日)  ※終了しました

岩宿博物館友の会のサークルが、一年の活動成果を展示します。 

 今年度も新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、活動が休止となったり、岩宿ムラまつりの様なイベントの中止、学校団体等へのボランティア件数も少なくなるなどしました。しかし、限られた活動時間の中でも感染防止対策をとりながら、素晴らしい石器や土器の作品を作りあげています。石器作りサークルと土器作りサークルの力作をぜひご覧ください。

 また、今回は、石器作りサークルの礎を作った故松沢亜生館長の使用した石器作りの道具や、研究についても展示しています。

 

   

*第25回友の会展示「サークル活動展2021」の様子については、YouTubeの「みどり市博物館チャンネル」でも公開しています。ぜひご覧ください!(下記URLをクリックするとサークル活動展の動画にとびます)

https://www.youtube.com/watch?v=oMcSQ2L1TPU

    友の会展示二次元コード
    上の二次元コードを読み取っても動画のページに直接とびます。

 

展示室の様子 石器作り
 展示室の様子  サークル活動(石器作り)の様子



※友の会展示は、その企画及び展示作業を友の会会員が行います。

 

 

第73回企画展(相澤忠洋記念館共催展示)
『赤城山麓に人類の足跡を求めてー相澤忠洋とその関連遺跡-』

※令和3年5月4日に、群馬県の社会経済活動再開に向けたガイドラインの警戒度が「4」となりましたので、会期の途中でしたが、中止となりました。

開催期間:令和3年 1月30日(土)~令和3年 5月9日(日) ※終了しました
*新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時休館により、展示をご覧いただけない状態となっておりましたが、令和3年3月9日より再開館となることに伴い、開催期間を当初予定(令和3年1月30日~令和3年3月14日)より延長いたします。

※開催期間につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては再び変更となる可能性があります。

☆★子ども向けに、企画展を見ながら答えを探すクイズ、「岩博 企画展クイズ」を実施しています。クイズに参加すると岩宿博物館オリジナル、アマビエ様缶バッチ(非売品)をプレゼント!!★☆

  
アマビエ様缶バッチ

【アマビエ様缶バッチ】

石槍を振り上げ、悪いモノは追い払うぞ!という気迫が感じられながらも、どこかユーモラスでかわいい顔をしていますね。

(でも何だか岩宿博物館のあのキャラクターに似ているような・・・・・・)

 

 戦後、相澤さんが考古学の研究を本格的に展開し、研究の中心とした地域である赤城山の東南麓、現在の桐生市やみどり市内の遺跡を取り上げ、研究の軌跡を追う様に展示をします。調査した遺跡そのものの全貌を紹介することで、相澤さんが追いかけようとしていた遺跡の具体像も確認していきます。さらに、相澤資料を具体的に展示することで、相澤さんの研究の息吹を感じていただくとともに、現在進めている相澤資料整理作業についても紹介します。

 

 

関連行事

現在新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、展示解説会は休止しております。

 各土曜日 午後2時から  
※入館料をお支払いの上、企画展示室へお入り下さい。

 

みどり市内体験学習作品展『岩宿人になろう』 

開催期間:令和5年3月18日(日)~同年4月9日(日) 

 岩宿博物館では、市内の多くの小学校等で総合学習などの体験学習事業を行っています。この展示では、そのような体験学習で作った作品を展示して、石器作りや土器作りの方法や、参加した児童や生徒の生き生きとした活動の様子をご覧いただきます。

 

※平成30年度以前に「岩宿人になろう」に土器の展示に御協力いただいた方へ

私立校等、学区外の学校に進学された方の土器は、岩宿博物館で預かっております。まだ受け取りに来られていない方は取りに来ていただきますようお願いします。また、長期間お預かりしたままとなっている方につきましては、その旨個別に御連絡をさせていただく可能性がございます。
 


 

 

 

相沢忠洋資料特別展示

相澤忠洋記念館のご協力により、岩宿遺跡発見者である相沢氏の業績の一部を紹介いたします。常設展示室内で、展示しています。

ご案内

博物館を見学したら、周辺の笠懸町の歴史を訪ねてみよう。
文化財のある場所やそのいわれ、歴史がやさしく解説された「笠懸町の宝物探し―笠懸町文化財ガイドマップ―」を販売しています。
※好評発売中  1冊500円 

 

2022年 8月 1日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財課 岩宿博物館
電話番号:0277-76-1701  FAX番号:0277-76-1703
メールアドレス:iwajukuhaku@city.midori.gunma.jp