このページの本文へ移動

今泉嘉一郎の生家

今泉嘉一郎の生家 

今泉嘉一郎氏は、慶応3年(1867)東町花輪生まれの工学博士で、日本鋼管(株)の創立者。
花輪小学校の建設や電灯の設置等に際して多大な寄付を行うなど、地域に大きく貢献しました

概要

 「日本の近代製鉄の父」とよばれる今泉嘉一郎氏(1867-1941)の生家です。今泉さんは、花輪小学校校舎(登録有形文化財)の改築や旧東村への電気の敷設に多額の寄付を寄せるなど郷土への思いも強く、現在も地元の人々の敬愛を集めています。
 主屋は、江戸時代末期に建てられたと考えられ、木造2階一部平屋建で、背面屋根を葺き下ろし、「赤城型民家」とよばれる周辺の民家とは対照的な造りです。これは、嘉一郎の母、常子がここで医業を営んだことと関係するといわれています。
 蔵は大正時代の建築で、石積風の目地をつけたモルタル仕上げで江戸時代の主屋に対し、近代の香りを漂わせています。
 門構えは、腕木門と称される造りで、屋根面にむくりをつけた「起り破風」をもち、門と一体をなす屋根塀と異なる意匠としています。

 

指定区分

国登録有形文化財

登録年月日

平成19年10月2日

所在地

みどり市東町花輪94 

交通

わたらせ渓谷鐵道花輪駅下車0.5km、徒歩約5分

問い合わせ先

みどり市役所東市民生活課 電話0277-76-0984 

2015年 11月 19日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

産業観光部 観光課
電話番号:0277-76-1270  FAX番号:0277-76-9049
メールアドレス:kanko@city.midori.gunma.jp