このページの本文へ移動

謎の化石コノドント

かんのあいしょうにもなっているこのどんとってなに?

なぞのかせきこのどんと
 
 コノドントどうぶつのふくげんず
 

「コノドント館のコノドントってなんだろう…」と思ったことはありませんか?
これは、化石として発見された、コノドント動物という『謎の生物』なのです。

コノドントは、6億年前から1億8千万年前(カンブリア紀初めから三畳紀の終わり頃)の岩石に含まれている化石で、19世紀にロシアで発見されました。大きさは1ミリにも満たない小ささで、クシの歯やヤギの角に似た形をしていたため、発見者は魚の歯が化石になったものだろうと考えていました。ですから、円すいの形をした歯を意味する「コノドント」という名になったのです。
その後、1958年(昭和33年)のこと、日本でも、大間々町の林信悟先生によって、コノドント化石が発見されます。最初は動物の歯だったり、器官の一部と言われていたコノドントでしたが、その後も研究が進みました。今では、コノドントは、コノドント動物の一部だと言われています。コノドント動物は、約6億年前から1億8千万年前の海にいた、10cmくらいの生き物です。コノドントはその生き物の一部で、飲み込んだ海水から、餌(えさ)となるプランクトンなどを、こし取る役目をしていたということです。
 

また、コノドント動物は、人間などの脊椎動物(せきついどうぶつ)の直系の祖先ではないかと言われています。館内のコーナーでは、コノドント動物を、化石や模型を使ってわかりやすく説明しています。

このどんとのもけいのしゃしん

くわしいせつめいをみる 
 

2015年 12月 2日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財課 大間々博物館
電話番号:0277-73-4123  FAX番号:0277-73-4145
メールアドレス:conodont@city.midori.gunma.jp

ページの先頭へ戻る