このページの本文へ移動

ここがポイント!

ここがポイント 渡良瀬川が10万年かけて造った大地。

 大間々扇状地(おおまませんじょうち)

関東で3番目の規模
 山にはさまれて、扇(おうぎ)のかたちをした平野のことを扇状地と言います。この地形は、長い年月をかけてできあがります。そして川が、山と山との間から、広く低い大地に出たとき、その流れはとても強くなります。その水の流れは、たくさんの砂や石ころを運んでくるのです。砂や石はだんだんと積もっていき、山に沿って扇のかたちの地形になるのです。大間々扇状地の場合は、もちろん渡良瀬川が、大きな役割をはたしています。

図形1 図形2
およそ10万年~5万年前 
(大間々扇状地の形成過程 第1期)
10万年前から5万年前までのおおままのちず
渡良瀬川は、今の場所よりもずっと西にながれていた。大間々町の西の端、今の桐原のあたりも川原だったらしい。
図形3 図形4

図形1 図形2
およそ5万年~2万年前 (第2期) 5万年前から2万年前までのおおままのちず
渡良瀬川の流れは、だんだんと東に移っていく。でも、まだまだ今の流れよりはずうっと西がわ。渡良瀬川の流れが、地形を削りとっていく力は今よりもずうっと強かったんだ。だから、扇状地はどんどん広がっていった。『大間々』という地名のもととなった河岸段丘の崖(がけ)もこのころにできたんだって。
図形3 図形4

図形1 図形2
およそ2万年前~現在 (第3期) 2万年前からげんざいまでのおおままのちず
今から約2万年前、川はさらに流れを東に移していったんだ。そして1万年前ころから、流れはもっと東によって、高津戸、相生などの河岸段丘を刻んでいき、今のすがたになったんだ。
 流れによって砂や石が積もって、流れる場所が変わる。そこにまた砂と石が積もって、また低いほうへと流れが変わる。これをくりかえして、広い扇状地ができあがる。大間々扇状地は、渡良瀬川が10万年もかけてつくった広い大地なんだ。
図形3 図形4

2017年 11月 27日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財課 大間々博物館
電話番号:0277-73-4123  FAX番号:0277-73-4145
メールアドレス:conodont@city.midori.gunma.jp

ページの先頭へ戻る