このページの本文へ移動

国民健康保険税

国民健康保険税

納税義務者

 国民健康保険税(以下「国保税」という。)は、世帯内の国民健康保険(以下「国保」という。)被保険者全員分が世帯主に課税されます。
 世帯主が社会保険等(被用者保険や後期高齢者医療制度等)に加入している場合でも、世帯内のどなたかが国保に加入していれば世帯主に納税通知書が送付されます。この場合、世帯主は国保に加入していないため、世帯主の所得等は、国保税の計算に含まれません。

賦課期日および月割課税

 賦課期日(課税の基準となる日)は、その年度の属する4月1日です。
 賦課期日後に納税義務が発生又は消滅並びに世帯内の国保被保険者が異動(出生・死亡・転入・転出・他保険加入・他保険離脱等)した場合は、加入月数に応じて計算されます。

国保税の税率 令和3年度

 国保税は、「医療分」「後期高齢者支援金分」「介護分」の合計額です。
 また、「医療分」「後期高齢者支援金分」「介護分」は、それぞれ<所得割額><均等割額><平等割額>の合計額です。

国民健康保険税の計算方法 

〇 医療分 (課税限度額 63万円)

 病気やケガをしたときの医療費、出産育児一時金、葬祭費、保健事業(特定健診、人間ドック)などに充てられる費用

〇 後期高齢者支援金分 (課税限度額 19万円)

 後期高齢者医療制度(75歳以上の方が加入する医療保険)を運営するための支援金

〇 介護分 (課税限度額 17万円)

 介護保険制度を運営するための納付金
 ※ 介護分は、国保被保険者のうち40歳以上65歳未満の人に課税されます。 
 

計算例

 計算例については、関連情報で確認してください。 

7・5・2割軽減制度(均等割・平等割)

 世帯の前年の所得が一定の基準以下の場合、国保税の均等割額と平等割額が軽減されます。
 ただし、世帯内の国保被保険者の中に収入の申告を済ませていない方がいる場合は軽減されません。

軽減割合 令和3年度

 基準となる所得金額(擬制世帯主を含む世帯主、被保険者及び特定同一世帯所属者の所得の合計額)が次に掲げる金額以下である場合は、それに対応する割合で均等割額と平等割額を軽減します。

  • 7割軽減 43万円に{10万円 × (給与所得者等の数 - 1)}を足した額以下
  • 5割軽減 43万円に{28万5千円 × 被保険者数及び特定同一世帯所属者数
                                 + 10万円 × (給与所得者等の数 - 1) }を足した額以下
  • 2割軽減 43万円に{52万円 × 被保険者数及び特定同一世帯所属者数 
                                 + 10万円 × (給与所得者等の数 - 1) }を足した額以下
擬制世帯主とは

 国保被保険者の属する世帯で、その世帯主が国保に加入していない場合であっても、国保税の納税義務者は世帯主となります。このような世帯を擬制世帯といい、世帯主を擬制世帯主といいます。

特定同一世帯所属者とは

 国保から後期高齢者医療制度へ移行した人で、後期高齢者医療の被保険者となった後も継続して同一の世帯に属する人をいいます。
 ただし、後期高齢者医療制度の被保険者となった時点の世帯主が別の人に変更になったときは、特定同一世帯所属者ではなくなります。

給与所得者等とは

 給与所得者(給与収入が55万円を超える人)と公的年金等の受給を受ける人(65歳未満:公的年金等の収入が60万円を超える人/65歳以上:公的年金等の収入が125万円を超える人)を指します。

後期高齢者医療制度の導入による国保税の経過措置

 後期高齢者医療制度に国保から直接移行する人(特定同一世帯所属者)がいる世帯では、同じ世帯に属する人の国保税について、次のような経過措置を行います。
 ただし、経過措置期間中に世帯構成が変わると対象外となる場合があります。

軽減判定に係る経過措置

 軽減判定にあたっては、世帯内の特定同一世帯所属者の所得と人数を含めて行います。詳しくはこちら

特定世帯・特定継続世帯に係る平等割の減額

 特定同一世帯所属者がいる世帯で国保被保険者が1人である場合は、医療分と後期高齢者支援金分の平等割額を次のとおり減額します。

 (ア) 特定世帯 1/2減額
 (イ) 特定継続世帯 1/4減額

特定世帯とは

 特定同一世帯所属者がいる世帯で国保被保険者が1人であり、特定同一世帯所属者が国保の資格を喪失した日の属する月(以下「特定月」という。)以後5年を経過する月までの間にある世帯をいいます。

特定継続世帯とは

 特定同一世帯所属者がいる世帯で国保被保険者が1人であり、特定月以後5年を経過する月の翌日から特定月以後8年を経過する月までの間にある世帯をいいます。

旧被扶養者に係る減免

 被用者保険(社会保険)から後期高齢者医療制度に直接移行する人の被扶養者であった65歳以上の人(以下「旧被扶養者」という。)が新たに国保に加入する場合、当分の間、国保税が次のとおり減免されます。

  1. 旧被扶養者に係る所得割額を免除
  2. 旧被扶養者に係る均等割額を1/2減免
  3. 世帯内の国保被保険者が旧被扶養者1人のみである場合は、平等割額を1/2減免

 ※ 均等割額及び平等割額については、資格取得日の属する月以後2年を経過すると、
    減免が終了します。

 減免には申請が必要となりますので、被扶養者であった人が国保に加入する手続をする際には、社会保険離脱証明書を添えて窓口に申請してください。

倒産・解雇などによって離職した場合の軽減

適用条件

 軽減の対象者は以下の全てを満たす人です。
 軽減には申請が必要となりますので、雇用保険受給資格者証を持参して窓口で申請してください。

  • 平成21年3月31日以降に離職した人
  • 離職時点で65歳未満の人
    「特例受給資格者証」「高齢受給資格者証」の人は対象となりません。
  • 雇用保険受給資格者証で、特定受給資格者または特定理由離職者と確認できる人
    (雇用保険受給資格者証の離職理由欄が次の離職者コードに該当する人)
    <特定受給資格者>
    離職者コード11 解雇
    離職者コード12 天災等の理由により事業の継続が不可能になったことによる解雇
    離職者コード21 雇止め(雇用期間3年以上雇用止め通知あり)
    離職者コード22 雇止め(雇用期間3年未満更新明示あり)
    離職者コード31 事業主からの働きかけによる正当な理由のある自己都合退職
    離職者コード32 事業所移転等に伴う正当な理由のある自己都合退職
    <特定理由離職者>
    離職者コード23 期間満了(雇用期間3年未満更新明示なし)
    離職者コード33 正当な理由のある自己都合退職
    離職者コード34 正当な理由のある自己都合退職(被保険者期間12ヶ月未満)
軽減内容

 対象者の前年の給与所得を100分の30とみなして国保税が計算されます。

軽減対象期間

 離職日の翌日の属する月から、その月の属する年度の翌年度末までとなります。
 (例) 離職日が令和3年6月30日の場合、軽減対象期間は令和3年7月から令和5年3月まで
 

特別徴収(国保税の年金天引き)

 国保に加入している65歳以上75歳未満の世帯主(納税義務者)で、次の1~3の全てに該当する人は、特別徴収(国保税の年金天引き)の対象となります。

  1. 世帯内の国保被保険者全員が65歳以上75歳未満であること。
  2. 特別徴収の対象となる年金の年額が18万円以上であること 。
  3. 介護保険料と国保税の合算額が、特別徴収の対象となる年金受給額の2分の1を超えないこと 。

※ 年度途中に75歳になることで後期高齢者医療保険制度に移行する国保加入者がいる世帯については、その年度の特別徴収は行われません。

各税目納期

 納期については、関連情報で確認してください。

2021年 4月 1日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

市民部 税務課
電話番号:0277-76-0964  FAX番号:0277-77-7111
メールアドレス:zeimu@city.midori.gunma.jp