このページの本文へ移動

種別割

 種別割は4月1日現在、原動機付自転車や軽自動車、小型特殊自動車及び二輪の小型自動車(以下、「軽自動車等」といいます。)を所有している方に課税されます。月割課税はありませんので、年の途中で廃車や名義変更があっても税額(年額)及び納税義務者の変更はありません。

 軽自動車等を新たに取得したり、譲渡や廃車をした場合はこちら

 

種別割の税率

原動機付き自転車、軽二輪車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車
車種区分 税率(年税額)
原動機付自転車 一種(50cc以下) 2,000円
二種(50cc超90cc以下) 2,000円
二種(90cc超125cc以下) 2,400円
小型特殊自動車 農耕作業用(トラクター等) 2,400円
その他(フォークリフト等) 5,900円
軽自動車二輪 被けん引車 3,600円
125cc超250cc以下 3,600円
二輪の小型自動車 250cc超 6,000円
雪上車 雪上を走行するもの 3,600円

 

三輪以上の軽自動車
車種区分 税率(年税額)

平成27年3月31日までに最初の新規検査をした車両(旧税率)

平成27年4月1日以後に最初の新規検査をした車両(標準税率)

最初の新規検査から13年経過した車両
(重課税率※)

軽自動車

三輪 3,100円 3,900円  4,600円 
四輪 乗用 自家用 7,200円 10,800円  12,900円
営業用 5,500円  6,900円 8,200円 
貨物 自家用 4,000円   5,000円  6,000円
営業用 3,000円  3,800円  4,500円

 ※旧税率対象車両の新規検査から13年経過した場合でも重課税率が適用され、標準税率に対して20%上乗せされます。

 ※詳細は、下記ダウンロード重課税率表をご覧ください。

グリーン化特例(軽課)について

平成30年4月1日から令和3年3月31日までに新規取得した一定の環境性能を有する三輪及び四輪以上の軽自動車について、翌年度分に限り、下記のとおり軽減されます。

グリーン化特例(軽課)の適用基準
車種区分 適用基準 軽減率
電気自動車

平成30年度排出ガス基準適合

または

平成21年度排出ガス10%低減

(ア)概ね75%
天然ガス自動車
乗用

平成30年度排出ガス基準50%低減達成

または

平成17年度排出ガス基準75%低減達成

令和2年度燃費基準+30%達成車 (イ)概ね50%
貨物 平成27年度燃費基準+35%
乗用 令和2年度燃費基準+10%達成車 (ウ)概ね25%
貨物 平成27年度燃費基準+15%達成車
グリーン化特例制度の見直し

消費税率引き上げに配慮し特例の適用期間が2年間延長されました。令和3年4月1日から令和5年3月31日までに新規取得した車両について翌年度に課税される種別割の税率を軽減する特例の適用対象が電気自動車等に限定されます。

車種区分 適用基準 軽減率
電気自動車

平成30年度排出ガス基準適合

または

平成21年度排出ガス10%低減

(ア)概ね75%
天然ガス自動車
乗用

平成30年度排出ガス基準50%低減達成

または

平成17年度排出ガス基準75%低減達成

令和2年度燃費基準+30%達成車 軽減なし
貨物 平成27年度燃費基準+35%
乗用 令和2年度燃費基準+10%達成車 軽減なし
貨物 平成27年度燃費基準+15%達成車

 軽減後の税額
車種区分 税率(年税額)
(ア)75%軽減 (イ)50%軽減 (ウ)25%軽減
軽自動車 三輪 1,000円 2,000円 3,000円
四輪 乗用 自家用 2,700円 5,400円 8,100円
営業用 1,800円 3,500円 5,200円
貨物 自家用 1,300円 2,500円 3,800円
営業用 1,000円 1,900円 2,900円

 ※(イ)、(ウ)については、揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料とする軽自動車に限る。

 

 

2021年 8月 16日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

市民部 税務課
電話番号:0277-76-0964  FAX番号:0277-77-7111
メールアドレス:zeimu@city.midori.gunma.jp