このページの本文へ移動

大蒼院の欄間彫刻

 小中(こなか)の大蒼院(だいそういん)本堂の欄間彫刻は、花輪村の彫刻師石原常八主信(つねはちもとのぶ)によるもので、中央に龍、左右には「南泉斬猫(なんせんざんみょう)」・「船子和尚(せんすおしょう)」という禅宗の逸話を題材とした彫刻を配している。主信は、板倉雷電神社(群馬県指定重要文化財)や千葉県野田市愛宕神社(千葉県指定有形文化財)の社殿彫刻を残した彫刻師で、大蒼院の彫刻は文政12(1829)年と最も脂ののった時期の作品である。

欄間彫刻

大蒼院の欄間彫刻(南泉斬猫)

欄間彫刻2

大蒼院の欄間彫刻(船子和尚)

概要

指定区分

みどり市指定重要文化財(工芸)

指定年月日

平成15年7月18日

所在地

みどり市東町小中727

2018年 8月 9日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財課
電話番号:0277-76-1933  FAX番号:0277-76-1703
メールアドレス:bunkazai@city.midori.gunma.jp