このページの本文へ移動

宝篋印塔

 宝篋印塔(ほうぎょういんとう)は、この塔に礼拝供養すれば、罪が消え、災害から免れ、死後は極楽浄土へ生まれ変わるという功徳が説かれた石塔で、中世以降盛んに造られました。この宝篋院塔は、文化4(1807)年、善雄寺の山道に造立されたもので、2段の塔身の上段に造立由来と発願主、下段には奉安に際して読経された経文などが記されているもので、高さ4.5mと雄大な造形を持つ。

宝篋印塔

概要

指定区分

みどり市指定重要文化財(石造物)

指定年月日 

平成14年11月20日

所在地

みどり市東町荻原192

2018年 8月 7日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財課
電話番号:0277-76-1933  FAX番号:0277-76-1703
メールアドレス:bunkazai@city.midori.gunma.jp