このページの本文へ移動

小夜戸小正月飾り

 小夜戸(さやど)の小正月飾りは、地区全体の小正月飾りが指定の対象となっている。小夜戸地区には、現在も古くからの養蚕農家建築が多数あり、小正月を祝う大朴(おおぼく)、粥掻棒(かゆかきぼう)、孕箸(はらみばし)、御刀大小二振、采配、打ち出の小槌、掻花(かきばな)、十六殿神(でんじ)、掻花十二神将といったバラエティーに富んだ飾りで豊作と家内の発展を祈願する。現在は保存会を中心に、1月13日に小正月を祝う会を行っている。

小夜戸小正月飾り

概要

指定区分

みどり市指定重要無形民俗文化財

指定年月日

平成17年7月22日

所在地

みどり市東町小夜戸

2018年 8月 7日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財課
電話番号:0277-76-1933  FAX番号:0277-76-1703
メールアドレス:bunkazai@city.midori.gunma.jp