このページの本文へ移動

建設業法の改正による「解体工事業」の業種追加について

 建設業法の改正(平成26年6月4日公布、平成28年6月1日施行)により、新たな業種区分として「解体工事」が新設されました。

 解体工事を行う「とび・土工工事事業者」が経過措置後も引き続き解体工事を行う場合、「解体工事業」にかかる許可が必要となります。

経過措置期間終了について

 建設業法の改正による経過措置期間は平成31年5月31日で終了しますが、みどり市発注工事に関しては、群馬県発注工事に準じ、平成31年3月31日で終了するものとします。

 よって、平成31年4月1日以降のみどり市発注の解体工事は、特段の問題がない限り、「解体工事業」の建設業許可を有している業者のうち、みどり市の入札参加資格をもつ業者の中から選定します。

 

2019年 2月 5日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 財政課
電話番号:0277-76-0963  FAX番号:0277-76-2449
メールアドレス:zaisei@city.midori.gunma.jp