このページの本文へ移動

特別展「星野富弘が描くどうぶつたち」 開催

 

開催趣旨

 花の詩画作家として知られる星野富弘ですが、鳥や犬、猫などの動物も描いています。幼い頃から野鳥や伝書バトをかわいがり、今でもオウムを飼っています。また、窓の外にあるテラスに野鳥用の餌台をつくり、ついばむ姿を星野は楽しそうに眺めています。これらの多くの鳥たちが詩画作品やエッセイに登場します。愛犬も、描いています。本展では、星野の愛情をたっぷりあびて描かれた動物作品の数々をご堪能ください。会期中、皆様の愛するペットの写真も情報コーナーにて展示いたしますので、ぜひ、美術館にお持ちください。


 鳥が好きだ。姿形も鳴き声も、それぞれ美しくかわいい。嫌いな鳥など一羽もいない。都会ではカラスが嫌われているが、あれは食べ物を粗末にする人間にも問題がある。カラスは私たちの嫌がる小動物の死骸や腐敗したゴミの掃除屋さんなのだ……

星野富弘「花よりも小さく」〈鳥〉より

会期

2019年7月2日(火)~9月1日(日)

開館時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

会期中無休
※会期後の9月2日(月)は展示替えのため休館いたします。

観覧料

大人 500円(400円)
小中学生 300円(240円)
幼児 無料
( )内は20名以上の団体料金
障がい者手帳をお持ちの方、およびその介護の方1名は5割引

展示作品

「種蒔きもせず(花影)」 2005年
「ヒヨドリ」 2004年  等

 チラシはこちら(592KB)

特別展「星野富弘が描くどうぶつたち」

会期中のイベント

・「我が家のペット自慢」展示
 7月2日(火)~9月1日(日)
 美術館情報コーナー
 写真Lサイズまで1人1枚。
 お持ちいただいた方から随時展示します。
 返却はいたしませんのでご了承ください。

ギャラリートーク
 7月13日(土)、8月10日(土)
 午後2時~ 約20分間

・草花スケッチ(要予約)
 7月13日(土)
 午後1時30分~(定員20名)

・季節の朗読会
 7月15日(月)
 (1)午前11時30分~ (2)午後1時30分~

定期朗読会
 7月27日(土)・8月24日(土)
 (1)午前10時30分~ (2)午前11時30分~

・楽しい陶芸(要予約)
 8月24日(土)
 午後1時30分~(定員20名)

・大きな詩画づくり
 7月20日(土)~完成次第終了
 午前10時~午後4時

クイズラリー
 7月20日(土)~8月25日(日)
 午前10時~午後4時

※イベント等は都合により変更になることがあります。

 

 

2019年 6月 14日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育部 富弘美術館
電話番号:0277-95-6333  FAX番号:0277-95-6100
メールアドレス:tomihiro@city.midori.gunma.jp