このページの本文へ移動

【サイバーポリスニュース】インターネットバンキング不正送金被害に注意!(2019年10月09日 16時01分)

 全国において、金融機関を装ったショートメッセージ(SMS)が届き、インターネットバンキングのユーザID・パスワード等をだまし取られ、不正送金される被害が発生しており、本県でも被害が確認されています。

 具体的には、SMSに記載されたサイトにアクセスすると、金融機関のインターネットバンキングログイン画面に酷似した偽サイトが表示され、そこにユーザID・パスワード等を入力してしまうと、それを利用され、多額の現金が送金されてしまいます。
 見慣れないSMSを受信した際は、特に注意をしましょう。

■被害に遭わないためのチェックポイント
 ・サイトへのログインを促すSMSを受信した際は、金融機関の問合せ窓口へ確認するなどして、SMSの真偽を確認しましょう。
 ・金融機関が推奨するウイルス対策ソフトウェア等を導入するほか、ワンタイムパスワード等の多段階認証を利用しましょう。
 ・多額の不正送金を防ぐため、一日の送金限度額は可能な範囲で低く設定しましょう。
 ・金融機関のインターネットバンキングの公式サイトや公式アプリ以外でユーザID・パスワード等(特にワンタイムパスワード)を入力しないように注意しましょう。
 ・金融機関の偽サイトにユーザID・パスワード等を入力してしまったら、気付いた時点で早急に金融機関に連絡して、送金停止や一時利用停止を申し出ましょう。


------------

2019年 10月 9日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

危機管理課
電話番号:0277-76-0960  FAX番号:0277-76-2452
メールアドレス:kikikanri@city.midori.gunma.jp