このページの本文へ移動

「受動喫煙防止対策」が強化されました

望まない受動喫煙をなくすため、改正された健康増進法が令和2年4月1日から全面施行となりました。
受動喫煙対策が強化され、多くの人が利用する施設等は、原則として「屋内禁煙」となります。

受動喫煙とは

 たばこの煙には、たばこを吸う人自身が吸い込む「主流煙」と、たばこから立ち上る「副流煙」があります。それらを、たばこを吸っている本人以外が吸い込むことを受動喫煙といいます。

 たばこの煙に含まれるニコチン、タール、一酸化炭素などの有害物質は、「主流煙」よりも「副流煙」に多く含まれています。これらは、がんや脳卒中、心筋梗塞、ぜんそくなどの病気を引き起こすだけでなく、お母さんのお腹の中にいる赤ちゃんの成長にも影響があり、「胎児発育遅延」や「低体重出生児」、生まれた赤ちゃんが突然亡くなってしまう「乳幼児突然死症候群」など、健康被害を引き起こすといわれています。

 さらに、たばこの火を消した後もたばこの煙に含まれるニコチンや化学物質が髪や衣類、カーテンなどの表面に付いて残るといわれています。長い時間を部屋の中で過ごす赤ちゃんや子どもへの影響を防ぐためには、室内でたばこを吸わないようにする必要があります。

※厚生労働省 e-ヘルスネットより

改正健康増進法について

概要

 望まない受動喫煙を防ぐため、多くの施設で原則屋内禁煙するとともに、喫煙場所を設ける施設を管理する立場の人がとるべき対策を定めています。

3つの基本的な考え方

◎「望まない受動喫煙」をなくす

 現在、たばこを吸うことが健康に悪い影響があることはわかっていますが、今すぐにたばこを吸う人をゼロにすることはできません。そのため、人々がたばこから立ち上る煙にさらされないよう対策し、「望まない受動喫煙」を防ぎます。 

◎受動喫煙による健康影響が大きい子ども、患者などに特に配慮

 子どもなど20歳未満の人や、病気を抱えた人は特に受動喫煙による健康への影響が大きいといわれています。そのような人が主に利用する施設や屋外については、受動喫煙への対策を一層徹底します。

◎施設類型・場所ごとに対策を実施

 主にどんな人が利用する施設か、ということを基準に各施設を分類します。その分類に応じて、禁煙とする場所・喫煙してよい場所を定めたり、掲示をすることを義務づけるなどの対策をとります。

第1種施設:学校、病院、児童福祉施設、行政機関のルール

 令和元年7月1日から「敷地内禁煙」となりました。

第1種施設の例 

 学校、教育施設、病院、診療所、薬局、介護老人保健施設、介護医療院、施術所(あん摩マッサージ、はり、きゅう、柔道整復師が業務を行う場所)、児童福祉法に基づき実施される事業の施設(障害児通所支援事業、児童自立生活援助事業、放課後児童健全育成事業、子育て短期支援事業、一時預かり事業など)、児童福祉施設、保健センター、認定こども園、国および地方公共団体の行政機関の庁舎など

ただし、屋外で必要な措置がとられた場合に限り、「特定屋外喫煙場所」を設置することができます。

 「特定屋外喫煙場所」とは、以下の必要な措置がとられた場所です。
  • 喫煙する場所が区画されていること。
  • 利用者が通常立ち入らない場所であること。
  • 喫煙場所と認識できる標識が掲示されていること。
  • 近隣等への配慮がなされていること。

第2種施設:多くの人が利用するすべての施設のルール(第1種施設と飲食店を除く)

 令和2年4月1日から原則「屋内禁煙」となりました。
 第2種施設に該当する「多くの人が利用する施設」とは、2人以上の人が同時または入れ替わりで利用する施設のことです。

 第2種施設の例

 事業所、工場、ホテル、旅館、体育館、スポーツ施設、劇場、観覧場、集会所、公民館、展示場、理・美容院、娯楽施設、銭湯など

 ただし、個人の自宅やホテルの客室など、人の住居のように供する場所、喫煙を主目的とするスナック、たばこ販売店などで用件を満たした場合は除かれます。

 なお、第2種施設において、要件を満たした喫煙専門室などと設置した場合に限り、屋内での喫煙が認められます。

飲食店のルール(第2種施設)

 令和2年4月1日から、原則「屋内禁煙」となりますが、既存の飲食店のうち、中小企業や個人が経営する店舗であり、資本金5,000万円以下かつ客席面積100平方メートル以下の飲食店には経過措置があります。

経過措置により屋内で喫煙可とした場合

  • 喫煙可能施設であることを提示しなければなりません。
  • 客・従業員ともに20歳未満の人を喫煙スペースに立ち入らせることはできません。

 

 

※詳細については、下記ホームページをご覧ください。

 

2020年 6月 1日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康管理課
電話番号:0277-76-2510  FAX番号:0277-76-5228
メールアドレス:kenkou@city.midori.gunma.jp