このページの本文へ移動

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

 中華人民共和国湖北省武漢市において、昨年12月以降、新型コロナウイルスによる感染症が報告されています。

 詳細については、以下のホームページでご確認ください。

 

次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください

  • 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。

 (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

 ※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の症状が2日程度続く場合

 センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

 新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安(48KB)(PDF文書)  

 

電話相談窓口(コールセンター)

群馬県(帰国者・接触者相談センター)

平日

 受付時間:8時30分~17時15分

 電話番号:0277-53-4131(桐生保健福祉事務所)、027-224-8200(保健予防課)

土日・祝日

 受付時間:10時00分~16時00分

 電話番号:027-224-8200(保健予防課)

上記以外の時間

 電話番号:027-223-1111(県庁守衛室)

 

 厚生労働省

 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)

 受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

 新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け) 

 

新型コロナウイルスを防ぐには

新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によりうつるといわれています

 飛沫感染 

 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。

 接触感染

 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

 

季節性インフルエンザと同じ予防対策が有効です

 新型コロナウイルスを含む感染症対策の基本は、「手洗い」や「マスクの着用を含む咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)」です。

 過剰に心配することなく、こまめな手洗いや咳エチケット等、風邪やインフルエンザと同様の感染症対策の徹底をお願いします。

 

 

イベント開催に関する御協力のお願い

 イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージ(厚生労働省)

 

2020年 2月 21日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康管理課
電話番号:0277-76-2510  FAX番号:0277-76-5228
メールアドレス:kenkou@city.midori.gunma.jp