このページの本文へ移動

電気自動車を活用した災害連携協定締結式

 令和2年10月15日、みどり市と日産自動車株式会社、群馬日産自動車株式会社、株式会社日産サティオ群馬、日産プリンス群馬販売株式会社の5者による「電気自動車を活用した災害連携協定」締結式がみどり市役所大間々庁舎で行われました。
 日産自動車が締結した自治体・企業との災害連携協定としては県内で初めてです。

 本協定は、みどり市が地震災害等による大規模停電が発生した際に、市が指定する避難所等において、日産の販売会社である群馬日産自動車、日産サティオ群馬、日産プリンス群馬販売により貸与される電気自動車(EV)「日産リーフ」を電力源として活用することで、避難所の円滑な運営を行い、市民の安全確保に努めるものです。

 みどり市では、すでに公用車として電気自動車(EV)「日産リーフ」の導入や、電気自動車(EV)の急速充電器を市役所等に設置しています。今後もEV普及・促進の取り組みを推進し、更なる防災力向上に努めていきます。

協定の概要
  • みどり市で災害を起因とする停電が発生した際、市が指定する避難所に、群馬日産自動車、日産サティオ群馬、日産プリンス群馬販売の店舗に配備している電気自動車(EV)「日産リーフ」を無償で貸与する。
  • みどり市、日産自動車、群馬日産自動車、日産サティオ群馬、日産プリンス群馬販売の協力により電気自動車(EV)からの給電を行うことで、災害時においても継続して電力が供給できる体制を整え、避難所の円滑な運営を図り、市民の生命および身体の安全を守る。
  • みどり市、日産自動車、群馬日産自動車、日産サティオ群馬、日産プリンス群馬販売は、平常時も電気自動車(EV)の普及促進を行うほか、市のイベントで使用する電力を電気自動車(EV)から供給することで、『電気自動車は「走る蓄電池」』としての活用を市民へ積極的にアピールし、防災・環境意識向上を目指す。

 

電気自動車を活用した災害連携協定締結式1 電気自動車を活用した災害連携協定締結式2
電気自動車を活用した災害連携協定締結式3 電気自動車を活用した災害連携協定締結式4
電気自動車を活用した災害連携協定締結式 電気自動車を活用した災害連携協定締結式6

 

2020年 10月 19日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 秘書課
電話番号:0277-76-0957  FAX番号:0277-76-9698
メールアドレス:hisyo@city.midori.gunma.jp