このページの本文へ移動

マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

※厚生労働省から情報が入り次第、順次更新していきます。

  • 令和3年3月(予定)から、マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります。
  • これまでの健康保険証も、従来どおり使用できます。

利用申込

  • マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、マイナポータルで申し込みが必要です。

必要なもの

  • 申込者本人のマイナンバーカード+事前に市町村窓口で設定した暗証番号(数字4桁)
  • マイナンバーカード読み取り対応のスマートフォン(またはパソコン+ICカードリーダー)

申込方法

  • 申込方法については、下記をご覧ください。

厚生労働省広報資料【マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります】(2MB)(PDF文書)

医療機関・薬局での機器導入予定

  • 令和2年度から医療機関・薬局で順次必要な機器を導入し、令和3年3月の利用開始予定時には、全国の医療機関・薬局の6割程度、令和5年3月末には、おおむね全ての医療機関・薬局で導入が予定されています。
  • 医療機関・薬局によって開始時期が異なります。利用できる医療機関・薬局については、今後、厚生労働省・社会保険診療報酬支払基金のホームページで公表予定です。

医療機関・薬局での利用方法

  • 医療機関・薬局で、マイナンバーカードをカードリーダーに置くと、ICチップ内に保存されている顔写真情報を呼び出し、照合することで本人確認を行うことが可能となる予定です。(顔認証だけでなく、4桁の暗証番号でも本人確認が可能となる予定です。)
  • カードリーダーが導入されていない医療機関や薬局では、これまでどおり健康保険証が必要になります。

利用開始時期

令和3年3月~(予定)

  • 医療機関・薬局などで順次マイナンバーカードの健康保険証利用が可能になります。
  • マイナポータルで順次特定健診情報の閲覧が可能になります。

令和3年10月~(予定)

  • マイナポータルで薬剤情報・医療費情報の閲覧が可能になります。

令和3年分所得税の確定申告(予定)

  • 確定申告での医療費控除の手続きで、マイナポータルで医療費情報を自動入力することが可能になります。

マイナンバーカードを健康保険証として利用するメリット

  • 就職・転職・引っ越しをしても、健康保険証としてずっと使えます。
  • 初めての医療機関などでも、今までに使った薬の情報が医師などと共有できます。
  • マイナポータルで特定健診情報や薬剤情報・医療費情報が見られます。
  • マイナポータルで確定申告の医療費控除の手続きが簡単になります。

マイナンバーカードをお持ちでない方

  • マイナンバーカードの申請を行ってください。
  • 申請方法については、下記をご覧ください。

マイナンバーカードの申請について

関連サイト(外部サイト)

厚生労働省ホームページ

マイナンバーカードの健康保険証の利用申込についてのお問い合わせ

  • マイナンバー総合フリーダイヤル 0120-95-0178
  • 受付時間(年末年始を除く) 平日:9時30分から18時30分まで
  • 音声ガイダンスに従って「4→2」の順にお進みください。

2021年 1月 7日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

市民部 市民課 国保年金係
電話番号:0277-76-0972(直通)  FAX番号:0277-77-7111
メールアドレス:shimin@city.midori.gunma.jp