このページの本文へ移動

みどり市が景観行政団体になりました

 みどり市には多くの自然的・歴史的な景観資源があり、市民や来訪者の皆様に親しまれています。
 それらの景観資源を保全・活用して市全体で魅力ある景観まちづくりを推進していくため、令和3年4月1日に景観行政団体になりました。

わたらせ渓谷鐵道 高津戸峡 鹿の川沼・岩宿博物館
わたらせ渓谷鐵道 高津戸峡 鹿の川沼・岩宿博物館

 景観行政団体とは

 景観行政団体とは、景観行政を主体的に担っていく都道府県・市区町村のことです。
 景観行政団体になると、景観法に基づく「景観計画」を策定することができ、地域の特色を活かした景観まちづくりに取り組むことができます。
 景観法の規定により、都道府県・指定都市(人口50万人以上)・中核市(人口20万人以上)は自動的に景観行政団体になり、それら以外の市町村は都道府県知事との協議を経て、景観行政団体になることができます。
 令和3年4月1日現在、群馬県では35市町村のうち、みどり市を含めて22市町村が景観行政団体になっています。

景観計画とは

 景観法に基づく計画で、景観行政団体が良好な景観の形成を図るために「景観計画区域」「景観まちづくりの方針」「建築物・工作物の形態・意匠・色彩などの基準」「景観重要建造物・樹木の指定の方針」などを定めるものです。
 みどり市では、景観計画策定委員会による調査審議を経て、令和3年度中を目標に「景観計画」の策定作業を進めています。

今後の景観まちづくり

 これまでは群馬県がみどり市の景観行政を担っていましたが、これからはみどり市がそれを引き継ぎます。
 今後、「景観計画」を策定して景観法に基づく諸施策を活用した景観まちづくりを展開し、地域の魅力をより一層高めていきます。
 「景観計画」を策定した際は、広報・ホームページなどを通して皆様にお知らせします。

 

 

2021年 4月 5日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

都市建設部 都市計画課
電話番号:0277-76-1903  FAX番号:0277-76-1951
メールアドレス:toshikeikaku@city.midori.gunma.jp