このページの本文へ移動

童謡の父 石原和三郎没後100年記念事業「石原和三郎賞 作詩コンクール」作品募集中

”もしもしかめよ”で始まる童謡「うさぎとかめ」の作詞者で、1865年(慶応元年)にみどり市東町花輪に生まれた石原和三郎は、1922年(大正11年)になくなりました。

和三郎は、13歳で代用教員となり、26歳で母校の花輪小学校の校長となります。
教員時代から、音楽教育に熱心だった和三郎は、教科書の編纂などに尽力するなど、「言文一致運動」のながれのなかで、「こどものうたはこどものことばで」という信念のもと、数多くの童謡・唱歌を世に送り出しました。

和三郎が亡くなって100年の節目の年に、和三郎の功績と作品を知っていただくと共に、童謡詞を募集しています。

募集作品

童謡詞(形式・テーマは自由)

応募資格

特に制限はありません。

募集期間

令和4年7月1日~9月5日(当日消印及び受信有効)

応募方法

郵送、WEB申請

送付先

〒376-0307 群馬県みどり市東町花輪205-1 みどり市東公民館内
石原和三郎没後100年記念事業実行委員会 作詞コンクール係 あて

WEB申請

応募フォーム: ぐんま電子申請受付システム<外部リンク>

応募規定 

・1人1作品、未発表のオリジナル作品に限ります。

・日本語表記を基本にし、誰もが理解できる英語の使用は可能。

・タイトルは含まず、A4横判 20字×20行の縦書き、60行以内。

・応募フォームやメールでの応募の際も、上記規定を準用します。

・作品は返却しません。

※二重投稿や著しい模倣が判明した場合は、入賞を取り消す場合があります。

石原和三郎写真

童謡の父
石原和三郎

詳細は、こちらの応募規定(88KB)(PDF文書)をご覧下さい。

各賞 

石原和三郎賞(最優秀賞)  

1点(賞状、記念品、副賞5万円) 曲がつきます。
※ただし、中学生以下の部から選考された場合は、図書カード5万円分とする。

一般の部 

優秀賞  1点(賞状、記念品副賞3万円) 佳作 2点(賞状、記念品)

中学生以下の部

優秀賞 1点(賞状、記念品、副賞図書カード3万円分)  佳作 2点(賞状,、記念品)

その他

石原和三郎賞には、荒川 洋氏(フルーティスト/作曲家/パシフィックフィルハーモニア東京フルート契約首席奏者/MIDORIジュニアアカデミー講師)により曲がつきます 

問い合わせ先

みどり市東公民館  みどり市東町花輪205-1
電話0277-97-2721 FAX0277-97-2424  メール kyoiku-a@city.midori.gunma.jp

2022年 7月 7日更新

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育部 社会教育課 東公民館
電話番号:0277-97-2721  FAX番号:0277-97-2424
メールアドレス:kyoiku-a@city.midori.gunma.jp