第80回企画展「(仮)岩澤正作展」

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1004990  更新日 2024年5月30日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 催し・イベント 文化・芸術

開催期間

2024年10月5日(土曜日)から2024年11月24日(日曜日)まで

開催場所

岩宿博物館1階 企画展示室

対象

どなたでも

内容

みどり市ゆかりの考古学者・岩澤正作は、大正時代の初め頃に妻の地元である大間々に移り住み、共立普通学校(群馬県立大間々高等学校の前身)で博物学や漢文を教えました。また、大間々に住んでからは、考古学など郷土史に関連した研究にも才能を発揮し、『毛野』や『上毛及上毛人』を中心に論文を多数発表しました。
岩宿遺跡を発見した相澤忠洋とは直接の交流は無いものの、岩澤の影響を受けていたことが関係者の証言からうかがえます。

令和6年は岩澤正作の没後80年にあたることから、赤城山麓を中心に活動したその足跡をたどります。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財課 岩宿博物館
〒379-2311 群馬県みどり市笠懸町阿左美1790番地1
電話:0277-76-1701
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。