豚熱野生イノシシ経口ワクチンの散布について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1005838  更新日 2024年6月5日

印刷大きな文字で印刷

豚熱野生イノシシ経口ワクチンの散布について

1.はじめに

豚熱とは、豚とイノシシのみが感染する家畜伝染病です。本市における豚熱の発生防止を目的として、ウイルスを媒介する野生イノシシに対して豚熱経口ワクチンの野外散布を実施します。

なお、散布するワクチンは、食品安全委員会で安全と評価された成分からできています。

2.ワクチン散布及び回収

1箇所につき20個のワクチンを散布します。

イノシシが食べ残したワクチンは、摂食率などを調査するため、後日回収します。

3.ワクチン散布スケジュール

1回目:令和6年6月11日(火曜)市内20箇所

2回目:令和6年7月9日(火曜)市内20箇所

※ワクチン散布日は、天候等により延期する場合があります。

※散布場所には、目印となる注意看板を設置します。

4.ご協力のお願い

落ちている経口ワクチンを発見した場合は、拾わずに担当の農林課までご連絡ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

産業観光部 農林課
〒376-0192 群馬県みどり市大間々町大間々1511番地
電話:0277-76-1937
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。